壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S5第11話「一人、また一人、そして…」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第11話(通算109話)「一人、また一人、そして…」”The Darkness and the Light”のあらすじ

キラのレジスタンス時代の仲間レイサ・メイブリンが殺されたとの報が入る。恨みを持つ者が多すぎて容疑者は絞れていなかった。

キラの元には「これで一人目」というメッセージが入り不安が募る。

次いでキラの友人ファラが転送妨害装置によって事故に見せかけて殺され、さらに当時の仲間モブラも殺される。

自分で捜査に向かいたいキラではあったが、身重の体ではそうするわけにもいかず焦るばかりだった。そこに古い仲間のフレルとルパザが訪ねてくる。

しかしその2人も部屋ごと爆破され宇宙に放り出されてしまう。

意を決したキラはオドーの容疑者ファイルを元に自分で捜査を開始。非武装地帯に住むカーデシア人シララン・プリンに狙いを定めるが、逆に捕まってしまう。

プリンは占領時のベイジョーでは、武器庫の司令官ガル・ペラックの元で働くクリーニング員でしかなかったが、キラ達が武器庫を爆破した際に巻き込まれて重傷を負っていたのだ。

この復讐は彼による断罪なのだ。だが彼はキラを殺す前に罪のない子供だけは取り出そうと考えていた。

しかしプリンが手術前に使った鎮静剤は妊婦の使うマカラハーブのために効かず、眠ったふりをして隙を作ったキラは反撃に出て彼を殺す。

事件は解決したものの、武力闘争が残した闇に改めて向き合うことになり、キラの心が晴れることはないのだった。

補足情報や感想など

  • 身重のキラが立ち回りを繰り広げるので役者さんも大変だなぁ、と思ってしまいますが、実はナナ・ヴィジターさんはもう出産済みなのでこの辺の撮影では衣装に詰め物を入れてるだけです(苦笑)
  • マカラハーブが伏線になるのは上手いのですが、ハーブだの鎮静剤だの大量に投与していて子供への影響がちょっと心配になってしまいます(気にしすぎ)
  • オブライエンは部屋を爆破されていい迷惑でしたね……
  • 真犯人にあっさりたどり着くのはちょっと展開としては素直すぎた感じがしますが、推理劇ではなく復讐の虚しさを描くのがテーマなのでこれでいいのでしょう
  • とはいえ、つまるところキラがレジスタンス時代に行った無差別テロのツケが回って来たと言うお話なわけです。このエピソードの放映から数年後に現実に起こった同時多発テロを経た今となっては、非常に評価が難しいエピソードになってしまったと思います

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。