壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

プラモデルの話

バンダイ製プラモ・レーバテインをお手軽に作るその3、完成しました

投稿日:2019年3月16日 更新日:

完成しました

さすがに今回は成形色を生かしてのお手軽仕上げなので、完成まで早かったです。集中してやってればもっと早くできるんですけどね。

前回以降の作業箇所

まずは前回から引き続きのウォッシング作業。やり方に慣れたと思ったらやり終えてしまいましたね。

そこから銀のハゲチョロ塗装です。いまどきは「チッピング」とか呼んだりするようですが、私のようなダグラム・ボトムズ世代にはハゲチョロと言った方がしっくりきます。いーじゃん、そんな気取った呼び方しなくても~

綿棒にシルバーの塗料を取って、少しずつエッジに乗せていきます。この手の汚し塗装はついついやり過ぎてしまいがちですので、本当に少しずつ加減して置いていきます。白い部分にはハゲチョロやってもあまり目立ちませんので、赤や茶色のパーツを中心に綿棒でチョンチョンと塗りました。本体の方を加減して控えめにやった分、武器の方は少し強めに入れてます。昔はドライブラシでガシガシやった記憶がありますが、あれはやり過ぎになりやすいので今回はパスです。

次にタミヤのウェザリングマスターを使って、全体に土汚れっぽさを足していきました。

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥452 (2019/11/21 14:24:07時点 Amazon調べ-詳細)

使ったのは土汚れに使う基本のAセット。こちらもやり過ぎには注意。スポンジと筆で全体にまぶしていきます。

最後に水性ホビーカラーのつや消しクリアーで全体を押さえて作業終了です。クリアーで押さえておかないと、折角やったウェザリングマスターが剥がれてしまいますからね。十分時間をおいて乾燥を待ってから組み立てて完成です。

やっぱりバンダイ製品は組み立て楽だし価格は安いしで、本当に凄いと思います。動かして遊んでても関節強度に全く心配が無いですからねぇ。

さて、次は何を作ろうか・・・

(レーバテインをお手軽に作る その1その2その3

関連記事の目次はこちら

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル