壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S3第10話「暴君の星」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン3 第10話(通算52話)「暴君の星」”Warlord”のあらすじ

ヴォイジャーは難破船に遭遇し乗員を救助するが、3名の救助者のうち1人は死亡してしまう。

生き残ったのはイラーリ星の王族の女性ノリと医師の2人だった。ヴォイジャーは彼らを故郷に送り届けることにする。

だがイラーリ星に到着するとケスの様子が豹変し、惑星からの使者とマーティン少尉を撃ち殺して、2人の生存者と共にシャトルで逃亡してしまう。

ケスはティーランという王の意識に乗っ取られていた。

ティーランは200年以上も前にこの星を支配した暴君だった。反乱によって王位を追われたものの、意識だけを他人に乗り移らせて生き続けていた。彼の目的は再び王位に返り咲くことなのだ。

ティーランはシャトルの転送で王宮に侵入すると、あっさりと王を殺害してしまう。残る目的は王子デマスの命だったが、デマスはヴォイジャーに保護されていた。

イラーリ星の政情はティーラン派とデマス派で真っ二つになってしまう。

ドクターがケスの意識を戻す方法を考案し、トゥヴォックが装置を持って王宮に侵入するが、ティーランに見破られて失敗してしまう。

ジェインウェイはやむを得ず強硬手段に打って出ることにする。

ティーランの中に残っていたケスの意識もティーランに立ち向かい、ケスの強い意志によってティーランの精神は弱っていく。

突入したヴォイジャーの部隊は王宮を制圧し、ティーランの意識を消すことに成功する。王位はデマス王子が引き継いだ。

だがティーランに乗っ取られたことで自分を見つめ直したケスは、自分が変化していくことを受け入れざるを得なかった……

補足情報や感想など

  • 今回はケス役のジェニファー・リーンさんの独壇場ですね。中学生の頃からシェークスピア劇などをやっていた実力派というだけあって、さすがの演技です。小林優子さんの吹き替えも上手い!
  • ケスの変化については、後々の事を考えると伏線めいたものを感じますね……

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。