壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

01.宇宙大作戦(TOS・TAS)

宇宙大作戦:S3第10話「キロナイドの魔力」あらすじや感想など

投稿日:2021年3月9日 更新日:

シーズン3 第10話(通算65話)「キロナイドの魔力」”Plato’s Stepchildren”のあらすじ

救難信号を受けて未知の惑星へやって来たカーク達。

ここに住むプラトン人は元々は大昔に滅んだサンダラ星の種族だったが、一時期地球に移住しギリシャ文明の衰退後にこの星に移ったのだという。プラトン人の名は哲学者プラトンを崇拝してのものだった。

彼らの年齢は2000歳を超えており、強力な超能力を持っていた。

だが王のペルモンは病気で苦しんでおり、そのために超能力が暴走して周囲に危険が及んでいた。エンタープライズすらその影響で航行出来なくなるほどの強力な力だった。

しかしマッコイの治療で王は無事回復する。

この星で唯一超能力を持たない人間であるアレキサンダーは、カーク達に早くこの星を立ち去るよう忠告する。しかしプラトン人はこの世界のことを秘密にしようとしており、エンタープライズを解放する気は無かった。

彼らの超能力に翻弄されるカーク達だったが、スポックとマッコイは超能力の原因はこの星の食物に含まれるキロナイドという物質だと突き止める。そして王の2倍の量のキロナイドをカークとスポックに注射する。

超能力に目覚めたカークは王の力を打ち破り、アレキサンダーを連れて惑星を去るのだった。

補足情報や感想など

  • 日本での初回放送時は通算第65話にあたるエピソードです
  • 大昔に地球に住んでいたプラトンかぶれの一族というわりには、プラトンの思想には全然従っていませんね。
  • 超能力で操られてダンスを始めたり動物のマネをしたりするカークとスポックがシュールすぎました。さらにスポックは歌声も披露するという大サービスです
  • プラトン人の性格が悪すぎて実にムカつきます。もしジェインウェイ艦長かジョージャウ皇帝だったら間違いなく星ごと全滅させていることでしょう
  • アレキサンダーがとてもイイ奴で、このお話の救いになるキャラクターでした

目次ページはこちら







-01.宇宙大作戦(TOS・TAS)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。