壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

01.宇宙大作戦(TOS・TAS)

宇宙大作戦:S1第1話「惑星M113の吸血獣」あらすじや感想など

投稿日:2020年12月20日 更新日:

シーズン1 第1話「惑星M113の吸血獣」”The Man Trap”のあらすじ

エンタープライズは惑星M113を訪れる。ここには古代文明の遺跡があり考古学者のクレイター夫妻が2人だけで調査にあたっていた。

エンタープライズの目的は彼らの健康診断と物資の輸送だった。そしてクレイター博士の妻ナンシーはドクターマッコイのかつての恋人だった。

カーク船長とドクターマッコイ、部下のダーネルが上陸し、ナンシー夫人の出迎えを受ける。しかし彼らは気付かなかったが、ナンシー夫人の姿は見る者によって全く異なった姿に見えていた。

別行動をしていたダーネルが突然命を落とす。毒性のある植物を食べたらしいが正体不明の斑点が顔に生じており死因も不明だった。

検査の結果、死因は毒ではなく体内の塩分が全て失われていた為だと判明する。

博士の話を聞くためカークとマッコイ他2名が再び惑星へ降りる。しかし会話の途中で博士は逃亡、夫人を探していた上陸班の他の2名はナンシー夫人によって殺されてしまう。ナンシーはそのうちの1人に化けてエンタープライズに侵入する。

船内でも犠牲者が出る中カークとスポックは博士を捕らえ、本物のナンシー夫人が1年前に死んでいたことを知る。

犯人の怪物はこの星に住む生物の最後の生き残りで、自由に姿を変えられる能力があった。怪物は生きるために塩を欲しているという。

クレイター博士は怪物の保護を訴えるが、マッコイに化けた怪物はクレイター博士を殺してしまう。

再びナンシー夫人に化けた怪物はカークからも塩分を奪おうとするが、マッコイによってその命を絶たれるのだった。

補足情報や感想など

  • 日本での初回放送時は第3話にあたるエピソードです
  • かなりB級モンスターものの安っぽい(失礼)雰囲気がありますね
  • 第1話から宇宙探査ではなく雑用に使われるエンタープライズって……
  • ミスターカトーと秘書官ジェニーが結構仲良しです。日本語吹き替えの「かーとちゃん!お食事よ♡」は爆笑ものです。後にエクセルシオの艦長になった際にはわざわざ彼女を引き抜いたんでしょうかねぇ(ジェニーはエクセルシオのブリッジ要員としてVOY「伝説のミスター・カトー」にも登場します)
  • 第一話から「メインキャラ以外の上陸班メンバーは死ぬ」の法則が盛大に炸裂していますね(苦笑)
    今回お亡くなりになったのは上陸班のダーネル、グリーン、スタージョンの3人と、船内では名前不明のクルーとバーンハートの2名です。結構死にまくりますね……

目次ページはこちら







-01.宇宙大作戦(TOS・TAS)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル