壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

01.宇宙大作戦(TOS・TAS)

宇宙大作戦:S1第5話「二人のカーク」あらすじや感想など

投稿日:2020年12月23日 更新日:

シーズン1 第5話「二人のカーク」”The Enemy Within”のあらすじ

アルファ177号星の地質調査をしていたエンタープライズのクルー達だったが、転送事故が起こりカークが2人になってしまう。

複製のカークは粗暴で凶悪な性格だった。複製カークは船内で欲望のままに行動し始める。本物のカークも複製と分離してから決断力の低下を感じていた。

転送機の異常が判明したため上陸班の収容が出来ない。しかし惑星の気温は夜には零下-120度に下がってしまう。このままでは上陸班の命が危ない。

カークとスポックは複製カークを捕らえることに成功するが、その際の事故で転送機が完全に故障してしまう。

スポックの機転で転送機の応急修理は終わるが、2つに分かれた生物を元に戻す動物実験は失敗に終わってしまう。このままでは転送機を使えないため上陸班も全滅の危機が迫る。

複製カークは隙を見て逃げ出すが、本物も複製も徐々に身体に異常をきたし弱り始める。

危険を承知でカークは再度転送を行い、元の1人に戻ることに成功する。

転送機の安全が確認されたため上陸班を収容し、かろうじて全員の命を助けることが出来たのだった。

補足情報や感想など

  • 日本での初回放送時は第7話にあたるエピソードです
  • 惑星の気温が氷点下になってミスターカトーが凍えているシーンがありますが、さすがにあの薄手の制服で氷点下は寒すぎますね
  • 野蛮な性格のカークを単純に不要だと切って捨てるのではなく、善も悪も必要なものとしているのがポイントですね
  • 今回は名も無き上陸班員が3人も居ましたが、幸い誰も死なずに済みました(苦笑)転送使えなくても、もっと早く救助する手段はありそうなものですが……

目次ページはこちら







-01.宇宙大作戦(TOS・TAS)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル