壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S6第2話「プラズマ放電の謎」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン6 第2話(通算128話)「プラズマ放電の謎」”Realm of Fear”のあらすじ

行方不明だった科学船ヨセミテ号を発見するが、船はプラズマ放電の中に飲み込まれていた。

調査班がヨセミテに転送で向かうことになり、バークレーも調査に加わる。しかしバークレーは転送恐怖症だった。

一度は怖じ気づいて拒否するバークレーだったが、ディアナのカウンセリングを受けて思い直し、ヨセミテへと向かう。

ヨセミテでは4人のクルーが行方不明になっていたが原因は不明だった。

帰りの転送中バークレーは巨大な芋虫を目撃し、それに腕をかまれてしまう。やがてかまれた箇所が痛み出すが、バークレーは周囲の目を気にしてそれを秘密にしてしまう。

自分がおかしくなったかと疑うバークレーだったが、意を決して再び転送を試し芋虫が幻覚ではなく現実だと確認する。

報告を受けてジョーディとデータがおこなった実験により、プラズマの中にエネルギー生命体が存在することが確認される。

バークレーの体内にも生命体が侵入していたため転送のバイオフィルターを使って分離を試みるが、その作業中バークレーは転送バッファ内にヨセミテのクルーが残っているを発見する。

バークレーのお手柄により、行方不明者は無事救出されるのだった。

補足情報や感想など

  • オブライエンがバークレーを励ますためにする思い出話が結構怖いです。脚が50cmある蜘蛛とか嫌すぎる……
  • 転送が怖いから転送部長も怖かったというバークレーが笑えます。それに対する意趣返しというわけではありませんが、オブライエンの蜘蛛を使ったイタズラがひどい(苦笑)バークレーがペットの蜘蛛を叩き潰しやしないかとヒヤヒヤものでした
  • お話自体は大して語ることのない回ですが、バークレーの個性的なキャラクターだけで楽しめる1話ですね。これだけ強烈なサブキャラクターは貴重です

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


  1. yonetch より:

    はじめまして、yonetchといいます
    スター・トレック:ローワー・デッキのエピ内小ネタで検索したところ、こちらのサイトがヒットしました。そちらでも書き込みしたいことはてんこ盛りなのですが、あえてTNGの記事について申し上げたく。

    ワタシ自身昨今の新作の合間合間で過去シリーズの見返しをしているのですが、現在TNG第6シーズンまでこられたraccoon81920さんには、ぜひTNG、DS9の時系列視聴をお勧めしたいのです。
    本国での放映順が無難かと思いますが、たまに両シリーズで(暗に)連携しているようなエピソードもあり散々見たはずのエピソードを違う角度で味わうことができ、中々新鮮でした。

    サイトアドレス欄に、ワタシがまとめている時系列エピソードリストのURLを入れました。よろしければご笑覧ください。

    • raccoon81920 より:

      アドバイスありがとうございます
      実を言えば、今回の再視聴については作中の時系列と本国放送順を意識した見方をしようかと考えていました。
      シーズン6に入りましたのであとちょっとです。カーデシアの前後編の直後にDS9始まりますね!
      TNGとDS9は同じ宇宙歴の世界を同時期に描いて放送したという珍しいパターンですが、日本での放送は不定期すぎてその良さが全然生かせなかったんですよねぇ
      久々に見て新しい発見がないか楽しみにしてます
      yonetchさんのリストも参考にさせて頂きます。ありがとうございます!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル