壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S5第23話「ボーグ”ナンバー・スリー”」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第23話(通算123話)「ボーグ”ナンバー・スリー”」”I, Borg”のあらすじ

アーゴリス星団の調査に来たエンタープライズは墜落した小型機を発見する。重傷を負った負傷者が居たが、それはボーグだった。

即刻撤退を命ずるピカードだったが、ドクターが治療を始めてしまったため、証拠を残さないためにやむを得ずボーグを艦内に収容する。

ピカードは救助したボーグにウイルスを仕込んで送り返し、集合体を崩壊させることを計画する。

集合体から切り離されたそのボーグはサード・オブ・ファイブと名乗るが、ジョーディは彼をヒューと名付ける。

ジョーディとビバリーはヒューを調べるなかで彼と友達になり、ヒューもまた人間性を見せ始める。だがその甘い態度をガイナンは強く批難する。

やがて、小型機の捜索のためにボーグキューブが近づいていることを感知する。

ジョーディとデータはボーグを動作不良に陥らせる方法を考案するが、ジョーディはこの作戦に疑問を持ち始める。

ガイナンもヒューの人間性に触れて心が揺らぎ、ピカードに一度ヒューと対面するように忠告する。

ピカードはロキュータスを演じてヒューと話すが、ヒューが既にボーグではなくなっていることを確認して驚愕する。

ピカードはヒューを集合体に返すか迷うが、ヒューは自分が戻らなければ友達のジョーディに危険が及ぶと考え、キューブに戻る決意をする。

やがてやってきたボーグはヒューを回収していくが、再び集合体に接続されたヒューの自我がどうなったのか、それを確認する方法はなかった。

補足情報や感想など

  • シリーズにおける ”ボーグ” という存在について大きな転機になるお話です
  • ”We, Borg” から ”I, Borg” に変わることに大きな意味があるのです
  • 原語サブタイトルはアシモフ先生の名著「I, Robot」(日本語書名「われはロボット」)のリスペクトにもなってます
  • ヒュー(ブルー)の登場です。後々まで重要なキャラクターになりますが、顔色が青いからブルー! という日本語訳はちょっとあんまりでは……
  • 序盤でボーグ殲滅に一人だけ反対するビバリーの空気読めてない感がすごいです(苦笑)
  • フェンシングのシーンのガイナンがこええ。ガイナンの母星はボーグに滅ぼされているため、ボーグに対する敵対心はひときわなのです
  • 「ロキュータス」と呼ばれたピカードがたっぷり6秒間無言で固まるシーンはゾクゾクしましたわ
  • 最後にチラッとだけジョーディを見るヒューに震えますね

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル