壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S5第18話「恐怖の宇宙時間連続体」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第18話(通算118話)「恐怖の宇宙時間連続体」”Cause and Effect”のあらすじ

エンタープライズはタイフォン星団へとやってきた。艦隊が調査したことのない宙域だ。ライカー達はいつものように任務前の時間でポーカーを楽しんでいた。

だがこの星団に来てから、ビバリーは妙な既視感(デジャビュ)を感じていた。

やがてエンタープライズは時空連続体のひずみに遭遇し、操舵が効かなくなってしまう。そこに突然現れた艦隊の船が衝突、エンタープライズは爆散してしまう。

次の瞬間、ビバリーはポーカーを楽しんでいた。だがビバリーもライカーも何故かカードの手があらかじめ分かっていることに気づき、疑問に思う。

やがてエンタープライズはひずみに遭遇、衝突の末大破する。

再びポーカーのシーン。

クルーの多くがデジャビュを訴えはじめる。

艦内に残されたかすかな証拠から、艦が時間の輪に閉じ込められていることが判明する。

ジョーディは次のループへメッセージを送る方法を考案するが、それが上手くいくという保証はなかった。

再び艦は大破する。

次のループにメッセージは送られていたが、それの意味する内容を理解出来ないまま今回も艦は危機に陥る。だが衝突の寸前、メッセージの意味に気づいたデータが選択を変えたことで艦は危機を脱する。

エンタープライズとボーズマンはともに時間の輪から脱出した。

連邦の標準時間を参照し、エンタープライズは17.4日間ループの中にいたことが判明する。

だがボーズマンのクルー達にとって、それは実に90年もの長い時間だった……

補足情報や感想など

  • 冒頭からエンタープライズ大爆発という展開で度肝を抜かれますが、訓練されたスタートレックファンにはすぐに時間ネタだと分かります(サブタイトルでネタばれしてますし……)
  • 典型的なループものですね。今ではさして珍しいストーリーの仕掛けではありませんが、当時は結構新鮮に感じました
  • 衝突してきた船はU.S.S.ボーズマン(NCC-1941)クラスはソユーズ級。「カーンの逆襲」で使用されたU.S.S.リライアントの模型を改造して撮影しているそうです
  • ボーズマンが時間の輪に捕らわれた2278年というと、最初の劇場版と「カーンの逆襲」の間くらいです。クルーの制服がちゃんと当時の物になっていて懐かしいですね

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル