壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S1第1話・第2話「未知への飛翔」あらすじや感想など

投稿日:2021年4月2日 更新日:

シーズン1 第1話・第2話「未知への飛翔 PART1・PART2」”Encounter at Farpoint”のあらすじ

カーク船長の時代から約80年

ピカード艦長指揮下のエンタープライズDはデネブ4号星へと向かっていた。目的は先住民のバンディ人が築いたというファーポイント基地の調査だ。バンディ人の技術力では、そんな基地は作れないはずだった。

だがエンタープライズは突如現れた”Q”によって進路を塞がれる。

人類の性質と知性を「野蛮で愚か」と評する”Q”は、ピカード達を21世紀の法廷に立たせ裁こうとする。裁判官はもちろん”Q”だ。

公正ではない裁判に徹底的に反抗するピカードは、今の人類が進歩したことを試して確認しろと提案し”Q”はその条件を受け入れる。

ファーポイント基地にはライカー中佐とドクタークラッシャー、ラ=フォージ中尉が先にやってきていた。しかし基地では奇妙な現象が起きており、ライカーは疑問を抱いていた。

エンタープライズはファーポイント基地に到着しライカーが副長に着任する。

ピカード達は基地の調査を開始するが、基地のゾーン領事は何かを隠しているようだった。そして調査を進めるほど謎は深まるばかりだった。

そこに謎の巨大宇宙船が現れる。宇宙船は惑星の旧市街へ攻撃を始め、多くの死傷者が出る。

巨大宇宙船に転送で乗り込んだライカー達は、この船自体が一つの生命体であることに気づく。それはエネルギーを転換して姿を変えられる高度な生命体だった。

バンディ人はこの生命体の仲間を捕らえ、ファーポイント基地への変身を強要していたのだ。巨大宇宙船は仲間を助けに来ただけだった。

ピカードは基地にエネルギーを照射し、十分なエネルギーを得て本来の姿を取り戻した生命体は開放される。

生命体たちはいずこかへ立ち去り、”Q”もまた、人類への審判を”保留”として立ち去るのだった。

補足情報や感想など

  • ものすごく久しぶりに見ました。最初に見たのはレンタルビデオ店で借りてきたVHSテープだったと記憶しています。ビデオソフトはタイトルが「スタートレック’88 新・宇宙大作戦」になってましたね。おかげで長い間「新スタートレック」の開始年を1988年だと勘違いしていました(実際は87年)
  • 日本語版サブタイトルですが、個人的には早川文庫から出ていた小説版の印象が強くて「ファーポイントでの遭遇」とした方がしっくりきます
    created by Rinker
    ¥343 (2021/09/20 19:11:39時点 Amazon調べ-詳細)
  • カーク船長のエンタープライズから世代を重ねたD型エンタープライズというのが、当時の自分には割と衝撃的でした。
    他にも円盤部分離とか、子供や家族が大勢乗っているのにもビックリでした
  • まだ全体的に作風が堅いですね。セリフも理屈っぽくて説明的なところが多いですし(まあ理屈っぽいのはいつものことですが)
  • ライカーを試すピカード艦長がけっこう意地悪ですね。今回はキャラ紹介に使われる時間が多いです。ストーリーよりもそっちがメインという感じですが、ウォーフは全くといっていいほど描写されませんね
  • マッコイが登場するサービスシーンは嬉しくはありますが、本当にただのサービスでしかありませんでした
  • マッコイが乗り移っていったU.S.S.フッド号はNCC-42296、エクセルシオ級。ライカーがエンタープライズに来る前に副長を務めていた船です。今後のシリーズでもちょくちょく登場します
  • 戦闘ブリッジにオブライエンいるのが嬉しい(苦笑)

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル