壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味・雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S2第17話「愚かなる欲望」あらすじや感想など

投稿日:2021年5月12日 更新日:

シーズン2 第17話(通算43話)「愚かなる欲望」”Samaritan Snare”のあらすじ

エンタープライズはイプシロン9星域へ調査に向かっていたが、ピカードは急な心臓手術のため第515宇宙基地へ行くことになった。アカデミーの入試で宇宙基地へ向かうウェスリーと共にシャトルで艦を離れる。

艦長が留守中のエンタープライズは救難信号をうけてロンボイ・ドラネガー星域に向かう。

救難信号の相手はパクレド人だった。パクレド人はあまり知能が高くない様子だったため、ライカーはすっかり油断してしまう。

不審なことに気づいたトロイが危険を忠告するが、修理のために乗り込んだジョーディはパクレド人の策略で人質に取られてしまう。

パクレド人は自ら段階を経て発展するよりも、他者から盗んだ技術で手っ取り早く発展する道を選んだ種族だと判明する。

ライカーは策略を用いてパクレド人を騙し、ジョーディを取り戻して宇宙基地へと進路を取る。

危篤状態に陥っていたピカードだったが、ドクターポラスキーの手腕によって危機を脱し、ウェスリーも無事試験に合格するのだった。

補足情報や感想など

  • 6時間ものあいだ艦長と2人きりで過ごすことになったウェスリーの心労は大変理解できますね(苦笑)
  • ウェスリーの会話の中で「クリンゴンが連邦に加盟する前に」という台詞がありましたが、この頃はまだ加盟はしてませんね。この時期は条約を結んでいるだけです(実際に加盟するのは26世紀になってからです)
  • ピカードは若い頃に酒場でノーシカン人と喧嘩をして心臓を刺され、人工心臓を移植されたという事が語られます。この事件についてはシーズン6「運命の分かれ道」で詳細が描かれます
  • ドクターポラスキーがわざわざ指名されて呼ばれるほどの名医だったとは……
  • 前回から登場のゴメス少尉は今回も登場していますが、出番終了です(涙)
  • パクレド人のしゃべり方が絶妙にイラつきますね
  • パクレド人はアニメシリーズ「ロワー・デックス」では最終回の敵として登場します。この後数多くの種族から技術を盗んで、かなり強力な戦艦を作り上げてしまうのです

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル