壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

プラモデルの話

実際に製作に入る前の準備が大事なのです

投稿日:2023年10月14日 更新日:

1/12マドックス01を作る(その3)

今回製作しているマドックスは「メガミデバイスを乗せられるようにする」というのが大目標です。

そこで用意したパイロット用のメガミデバイスがこちら。

ボディと手脚は「朱羅 忍者」から拝借し、上半身と腰回りにはメガミMSGを組み込んでいます。つまりメガミデバイスに詳しい方ならおわかりになると思いますが、「Block1.5」のボディになっております。

これにより十分な可動範囲とPOMパーツによる強度確保を狙ったわけです。機体重量を負担させないとはいえ、関節強度は高い方が良いですからね。

なお、頭部には創彩少女庭園の「結城まどか」さんを使いました。マドックスに乗るまどかさんというダジャレをやりたかっただけだったりします。

created by Rinker
壽屋(KOTOBUKIYA)
¥7,095 (2024/05/26 20:10:41時点 Amazon調べ-詳細)

ここからはパーツ製作のための準備段階に移ります。しばらくはPC上での作業が続きます。

まず用意したメガミデバイスと設定画を合成して、実際に作る大きさや関節の位置関係を確認しました。ここで完成状態の大きさがほぼ確定しますので慎重にサイズを決めていきます。

メガミデバイスは肩幅が狭く脚が長く、そして頭が大きいので、マドックスとはかなり相性が悪いのが分かりますね。手なんか全然前腕に届いてないですよ。

実際、かつて発売されていた1/12ソフビマドックスの付属パイロットフィギュアは肩幅が異常に広く作られておりました。あのソフビはフィギュアに腕を「着せる」構造でしたので、そうしないと腕部を支えられなかったんでしょうね。

メガミデバイスを乗せる構造ではあれと同じ事は出来ませんので別の構造にしなければなりませんが、設定通り機体肩からの可動関節で腕を支えるようにすればなんとかなるでしょう。

さて、次に私が何をしたかというと、これが実は「3Dモデリングソフトの勉強」だったりします。勉強するところからですよ! まったく気の長い話ですなぁ。

でもコレは結果として製作時間を短縮するための準備なのです。

このマドックスはパーツをプラ板の箱組で作っていこうと決めていたのですが、昔ながらに図面を手書きして展開図を考え材料を切り出して試作していくという手法だとかなり時間がかかってしまうのは確実です。

そこで図面描きから展開図作成までの作業をPCに任せてしまおうと考えたのです。

それにモデリングソフトの勉強しておけば、将来的に気が変わって3Dプリンタに手を出したくなった時にも役立てることが出来ますからね。勉強しておいて損ということはありません。

というわけで次は3Dデータの作成編へと移っていくのです……

MADOX-01制作記事の目次はこちらから







-プラモデルの話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

目次ページ

スタートレック関連の目次ページ
 ※全話リストと各話あらすじへのリンクです
スタートレックの歴史年表
 ※シリーズ全体の歴史をまとめています

プラモデル関連記事の目次
プラモデル製作日記
自転車関連記事の目次


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のいわゆるオタク第2世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見る
コロナ以降自転車に乗る時間が激減
最近はすっかりインドア趣味ばかり