壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

05.エンタープライズ(ENT)

スタートレック・エンタープライズ:S3第6話「孤独な亡命者」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン3 第6話(通算58話)「孤独な亡命者」”Exile”のあらすじ

以前遭遇した ”球体” と同じ物が他にもあると気づいたアーチャー達は、別の ”球体” へと進路を取る。これの詳細を分析出来れば重力異常の起きる位置をあらかじめ特定出来るのだ。

その頃ホシは立て続けに幻覚を見るようになっていた。疲れやストレスによるものだろうとの診断だったが、実はそれは異星人からのテレパシーだった。

その異星人はズインディの情報を提供すると申し出てくる。

半信半疑ながら彼のいる惑星へとやってきたエンタープライズは、タークウィンという名の異星人から出迎えを受ける。彼のテレパシー能力を使えばズインディの兵器の場所を特定出来るというのだ。

タークウィンの出した条件に従い、ホシだけを惑星に残しエンタープライズは一時軌道を離れて ”球体” の探索へと戻る。

だがタークウィンはホシを返す気はなかった。かつてテレパシー能力を疎まれてこの惑星に追放されていた彼は、孤独に耐えられず、一緒に暮らす仲間を求めていたのだ。

エンタープライズを人質にしてホシを引き留めようとするタークウィンだったが、ホシはテレパシー増幅装置を盾にとって彼を諦めさせる。

ホシを引き留めることを断念したタークウィンではあったが、彼女の身を案じてズインディの兵器工場の座標だけは教えてくれるのだった。

補足情報や感想など

  • ホシの声優さんはシーズン3から交代していますが、今回のような怒りや苛立ちをみせる演技だと違いがハッキリするように感じます。以前の岡さんと比べて、今の弓場さんの方が怒った時の口調がおっかないです(苦笑)
  • そういう条件だったとは言え、ホシ一人を残して軌道を離れてしまうのはどうにもアーチャーらしくないように思います
  • 球体探索の方は重要ミッションのはずなのに随分とアッサリだなぁ
  • ”球体”が全部で50個はあるということが判明しましたが、こういうのはあまり数を強調されても盛り上がらない気がするんですよねぇ。数が多いと後々雑に処理されそうな予感がしてしまうわけでして……

エンタープライズの目次ページはこちら







-05.エンタープライズ(ENT)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり


※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。