壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S4第26話「可変種の脅威 第二幕・前編」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン4 第26話(通算98話)「可変種の脅威 第二幕・前編」”Broken Link”のあらすじ

突然オドーが発作を起こして倒れてしまう。ベシアは原因を探るが、可変種の生理機能には不明な点が多かった。

そしてついには人の形を保つことも困難になってしまう。

オドーを救うため、シスコ達はディファイアントで創設者の元へ向かうことにする。さらに一行にはガラックも加わることになった。彼はドミニオンに捕虜にされたカーデシア人についての情報が欲しかったのだ。

ガンマ宇宙域に赴いたディファイアントは創設者の出迎えを受ける。彼らはオドーのこともちゃんと把握していた。

実はオドーの病気は創設者によって仕組まれたことだった。同胞を殺したオドーを呼び寄せ「偉大なる繋がり」で裁くための企てだったのだ。

創設者の惑星でオドーは偉大なる繋がりと一つになり裁判を受ける。

判決を受けたオドーに与えられた罰は、普通の人間の体になることだった。もうオドーは液体の姿になることは出来なくなった。

ステーションに戻ったオドーは初めて空腹感を感じる。新しい多くの感覚を得た一方で、自分が失った繋がりの大きさも思い知る。

そんな折、プロムナードにはクリンゴンのガウロン宰相による事実上の宣戦布告映像が流れていた。

だがオドーはあることに気づく。

ガウロン宰相は可変種の化けた姿なのだ、と……

補足情報や感想など

  • ガラックが欲しいと思っている捕虜の情報は、どう考えてもオブシディアン・オーダーのリーダー、エナブラン・テインの消息ですね。創設者は生き残りはいないと言っていましたが……
  • かつてオドーが同胞を殺したというのは、シーズン3第26話「忍び寄る可変種の脅威」での出来事。可変種にとって仲間を殺すというのは前代未聞の事件なのだそうです
  • もともと創設者側の企みだったとは言え、新しい本拠地にシスコ達の上陸をあっさり許してくれたり、その上で普通に返してくれたりと、このへんのドミニオン側の人間に対する距離感は今ひとつよく分かりません。一言で言えばだいぶ「ぬるい」です。
    余程自分たちの力に自信があるということなのかもしれませんが……

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。