壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S4第16話「ロムの反乱」あらすじや感想など

投稿日:2021年9月3日 更新日:

シーズン4 第16話(通算88話)「ロムの反乱」”Bar Association”のあらすじ

耳の感染症が悪化したロムは仕事中に倒れてしまう。だがクワークは心配するどころか給料の減額を言い渡してくる始末。

さらにクワークは売り上げの低下を理由に従業員全員の賃金カットを公表する。

堪忍袋の緒が切れたロムは、意を決して労働組合を結成することにする。しかしそれはフェレンギの禁忌に触れる行為だった。

ロム達はストライキを実施しクワークの店は営業困難に陥る。

事態を聞きつけ、フェレンギ会計監査局(FCA)のブラント監査官もやってくる。FCAは組合参加者に対し財産の没収をちらつかせてくるが、元々たいした財産を持たない労働者達は却って結束を強めてしまう。

ブラントはクワークを見せしめに痛めつけることでロムの動揺を誘う。

これで弱気になったクワークはFCAの目を盗んでロムと裏取引を行い、労働条件の改善と引き換えに組合は解散することになった。店は再開しかつての賑わいを取り戻す。

しかしロムは兄と少し距離をとることを選び、店を辞めて艦隊技術者の職につくことにするのだった。

補足情報や感想など

  • リータはフェレンギ人の顔色の良し悪しなんてよく分かるな……
  • 病気休暇、有給休暇、残業手当無しがフェレンギの常識だそうです。ブラックですね~
  • エンタープライズがフェレンギの盗賊団に占拠されたのはTNGシーズン6第7話「少年指揮官ジャン・リュック・ピカード」、ラスミュッセンが盗みに入ったのはTNGシーズン5第9話「26世紀のタイム・トラベラー」
  • ブラント監査官はシーズン3第23話「クワークの母」以来の登場
  • ウォーフがディファイアントに引っ越しました
  • カタツムリのジュースってまずそう……
  • ロムがクワークから自立するエピソードでした。技術職に適性があることはずっと描かれていましたから適材適所への移動ですね。フェレンギ人は商売人ばかりのように思われがちですが、有能な科学者もいたりします(エンタープライズを救った超フェイズシールドを開発したのもフェレンギ人)
  • なんだかんだ言ってクワークはロムが独立していくのが寂しそうです

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。