壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S1第18話「反逆のテレパス・エネルギー」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン1 第18話「反逆のテレパス・エネルギー」”Dramatis Personae”のあらすじ

バレリアンの輸送船がDS9に寄港する。

バレリアンはカーデシアに武器供与をしているためキラ少佐は入港に反対するが、シスコは証拠も無しに拒否は出来ないと却下する。

そこにクリンゴン船トーカート号がワームホールを通って戻ってくる。それは爆発大破し、救出されたクリンゴン人も死んでしまう。彼には武器で攻撃された痕があった。

トーカート号は何らかの生物調査を行っていたらしい。

オブライエン達は事故の原因調査を開始するが、その頃からクルーの様子がおかしくなり始める。

シスコとキラ少佐の対立は憎み合いにエスカレートし、オブライエンやドクターベシアもその対立に加担しはじめる。ジャッジアは昔話ばかりを繰り返し始め、シスコは仕事そっちのけで時計造りに没頭する。

キラはついには反乱を決意するに到るが、正気を保っているオドーはクリンゴン艦に全ての原因があると考える。

クリンゴン人の遺体の分析から、クリンゴン人が古代種族のエネルギー母体に侵されていたことを突き止める。古代人のテレパス公文書に触れた際に脳が影響され、古代の権力闘争を再現してしまったのだ。

ついに反乱が実行に移されるが、オドーとドクターベシアがテレパシーの妨害シグナルを作り、エネルギー母体を船外に追い出すことに成功する。

クルー達は正常に戻り、いつものステーションが戻ってくる。

ただシスコだけは、時計作りという新たな趣味に目覚めたようだった。

補足情報や感想など

  • テレパス公文書とかエネルギー母体とか良く分からん理屈ですね
  • ジャッジアがキラ側に付いたのはちょっと意外だったなぁ
  • 対立が激化するに従って張り詰めていく空気感が割と怖いです
  • 人間ではないので影響を受けないオドーというのは、何が起きても一人だけ正気を保つスポックやデータ、みたいな便利なポジションですね(苦笑)
  • 役者さん達の演じ分けの巧さが見所でした

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。