壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S1第14話「混迷の惑星 “ベイジョー”」あらすじや感想など

投稿日:2021年6月25日 更新日:

シーズン1 第14話「混迷の惑星 “ベイジョー”」”The Storyteller”のあらすじ

ベイジョー政府からパク派とナボット派という2つの派閥の調停を依頼される。領土問題から内戦発生の危機にあるというのだ。

パク派の指導者バリス・スルはまだ少女だった。彼女を見かけたジェイクとノーグは一目で気に入り、ステーション内に遊びに誘う。

一方、オブライエンとドクターベシアは救命活動の要請を受けてベイジョーのとある村に出向く。村では指導者シラーが老衰のため死にかけていた。

村には毎年ダルロックという魔物が襲来し、その魔物から村を守れるのはシラーだけだというのだ。

果たしてその夜ダルロックがやってくるが、シラーは儀式の最中に倒れオブライエンが後継者に指名されてしまう。オブライエンのかけ声で村人は結束し、ダルロックは撤退するがシラーはそのまま息絶えてしまう。

救世主に祭り上げられてしまったオブライエンはダルロックの正体を調べるが、シラーの弟子だったホバスから命を狙われる。本来はホバスが後継者になるはずだったのだ。

ホバスによるとダルロックは初代シラーが作った幻で、村人を団結させるための架空の存在だというのだ。その秘密は代々のシラーだけに受け継がれてきた。

だが村人の心が結束しないとダルロックは倒せない。

その夜、再びダルロックが現れるがオブライエンは儀式に失敗し、代わりに立ち上がったホバスの元で村は団結する。彼は新たなシラーとなった。

その頃バリスはナボット派のウーバンとの難しい交渉に当たっていたが、ジェイクとノーグのおかげで良い和解案を見いだす。

バリスはそのお礼にと、ノーグの頬にキスをするのだった。

補足情報や感想など

  • カーデシアの占領から解放されたとたんに内戦の危機とか、ベイジョーの内政は混乱しまくりですな
  • ベイジョー人の女性は気性の荒い人が多いですねぇ
  • 女性の部屋にズカズカ入っていくジェイクとノーグは図々しいですね(苦笑)
  • 村の人達はこんなあっさり騙されてアホすぎ純真すぎますね
  • 冒頭でメインの話かと思わされた領土交渉が完全に脇のお話で、オブライエンやノーグの方が面白いという妙な構成のお話でした

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。