壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

30MM

【30MM】公式コンテスト第6弾寒冷地戦に応募してきました!

投稿日:

カスタマイズミッションズ第6弾開催


(画像引用元:30MMオフィシャルサイトhttps://bandai-hobby.net/site/30minutes_missions/index.html

公式カスタマイズミッションの第6弾が始まりました。今回のテーマは「寒冷地戦」です。

前回の「月面戦」はパスしてしまったので、久しぶりの参加です。

ロボットアニメなどでは寒冷地戦というのはあまり見かけません。ガンダムシリーズでいくつかあるのと、ダグラムのカルナック山脈戦、ボトムズだとペールゼンファイルズ第8話での極地戦などが思い出されます。

created by Rinker
¥220 (2020/11/29 00:54:44時点 Amazon調べ-詳細)

30MMカスタマイズミッションの場合は海や空からの侵攻も想定されているためカスタマイズの幅はとても広いのですが、私はやはり陸戦系の機体で攻めたいところです。

ただ今回はあまり切った貼ったという手間をかけず、ササッと作ることにしました。というわけで投稿してきたのがこちらです。

塗装はしていますが接着剤は殆ど使っていません。あと使っていない3mm穴を埋めるのに、ランナーで作ったパーツを使っています(こちらの記事)

そしてポイントはやはり”ビッグフット”の名の通り大型の脚部です(勿論この名前はダグラムのアレから頂戴しております)

この脚部のアイデア自体は月面戦の時には思いついていたのですが、あまり月面向きではないので温存してました。

シエルノヴァの太ももをつま先に転用しています。足首自体はエグザビークルタンクVerの小型キャタピラ、先端には同じくビークルタンクの爪部分をオプションジョイントで繋いでいます。

さすがに脚が大きいとバランスが良くて、不安定なタオルの上でつま先立ちしても安定して自立できます。

う~む、下に向かって幅広になるこの重量感がたまりませんね!

機体のその他の部分は全体的に個性を消す方向で考えました。

つまり「アルトのカスタム」とか「ポルタのカスタム」という感じではなく、既存の4機種のどれとも違う量産機、を目指したのです。

既存機種の特徴的なパーツは極力使わず、顔も無個性なキャノピータイプにしました(ダグラムと言ってしまえばそれまでですが)

おかげでこの1体に4機種のパーツをまんべんなく入れたため、一から作ろうとすると地味にコストが高くなる組み替えになってしまいました。ヤバイですね(汗)

武器については、わたしはあまりゴテ盛りするのは好きではないので、超シンプルにライフル一丁のみとしました。

これは映画「エネミーライン」(1作目)において、ライフル片手に主人公を延々追い詰める敵兵のリスペクトだったりもします。雪山の中を着実に追ってくるこの傭兵はとても印象深かったため、雪山の兵士というと私はこれを思い出すのです。

created by Rinker
¥299 (2020/11/29 00:54:45時点 Amazon調べ-詳細)







-30MM
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル