壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S6第2話「ボーグの絆を求めて」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン6 第2話(通算122話)「ボーグの絆を求めて」”Survival Instinct”のあらすじ

マーコニアの前哨基地に停泊したヴォイジャーは、彼らとの文化交流を行うことにした。多少の問題はあったが、艦を解放しての交流会は順調だった。

艦を訪れた異星人の一人がセブンに見せたものは、セブンがかつてボーグ時代に使っていたシナプス中継器だった。既に失われたはずのそのパーツを見てセブンは顔色を変える。オレンダル5号星の商人から入手したものだという。

セブンはそれを買い取って分析を始める。

この装置はある3人の元ドローンによって意図的に持ち込まれたものだった。

実はセブンは、ボーグ時代にその3人と共に遭難したことがあった。その際に集合体のリンクと切り離され、一時的に個人としての自我と記憶を取り戻したことがあるのだ。

その3人もセブンと同様にボーグ集合体から自立して個人に戻っていた。だがなぜか彼らは3人だけの集合体を形成しており切り離せない状態だった。

彼らはそのリンクを断ち切る方法を求めてセブンに接触してきたのだ。

セブンは彼らに協力することにするが、4人には全員共通の記憶欠如が起きていることが分かった。そこに何か秘密があるらしい。

セブンは3人のリンクに接続し、真実を探り当てる。3人のリンクを作ったのはセブンだったのだ。

それは遭難中に自我を取り戻し逃亡を図った3人を連れ戻すための処置だった。

だが事実を知って怒った3人がセブンとのリンクを切った際にオーバーロードが起こり、3人は脳にダメージを負ってしまう。

このまま個人に戻す処置をすれば1ヶ月程度しか生きられない。だがボーグ集合体に戻せば寿命を全うできるだろう。

セブンは迷った末、彼らを個人に戻すことにする。

3人は自分を取り戻せたことを感謝し、残りわずかな人生を謳歌することにするのだった。

補足情報や感想など

  • ボーグネタのお話はとかく派手な方向に行きがちですが、このエピソードは個人の尊厳というものを静かに描いた、なかなかの佳作だと思います
  • 残りの人生をどう生きるかで、3人がそれぞれ全く別の生き方を選ぶのが面白いですね
  • セブンがドクターを説得するシーンが今回の見所でした。たとえ命が短くとも個人であることが大事だと主張する彼女からは、随分と成長の跡が覗えます。その判断を後押ししたチャコティの存在も忘れてはいけませんね
  • 3人の一人マリーカはベイジョー人で、U.S.S.エクスカリバーの機関部に勤務していたと言っていました。TNG「クリンゴン帝国の危機・後編」にてライカーが臨時艦長を務めた船なのですが、そうかボーグにやられちゃってたのか……

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


  1. 時計 より:

    冒頭のステーションに係留するヴォイジャーや、異星人が行き交う船内がDS9っぽく、いい意味でVOYらしくない異質な雰囲気で好きなエピソードです。
    ボーグについても緊急時は有機質を接種する事があるとか、既存の要素の掘り下げ方も興味深いものでしたね。

    エクスカリバーについては、マリーカが同化されたのが最低でもこのエピソードから8年以上前という事から、クリンゴン帝国の危機で登場した時には既にボーグに遭遇+少なくとも艦だけは生還した後になる事になるそうです。
    だから上級士官もおらず、ドライドックに入っていたのかもしれませんね。

    • raccoon81920 より:

      >異星人が行き交う船内がDS9っぽく、いい意味でVOYらしくない異質な雰囲気
      あーなるほど、確かにVOYには珍しいシーンですね。
      エクスカリバーの件がそういう順序だったとは気付きませんでした。
      まあ、脚本の人そこまで考えてなかったかもしれませんが(苦笑)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。