壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S5第2話「新生ボーグの悲劇」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第2話(通算96話)「新生ボーグの悲劇」”Drone”のあらすじ

原始星雲の観測に出たドクターやセブン達だったが、星雲の爆発による重力の影響でシャトルは破損してしまう。

転送でクルーを救出した際、モバイルエミッターに入り込んだセブンのナノプローブが異常作動をおこし、独自の進化を始めてしまう。

エミッターを同化したナノプローブはムルケイ少尉のDNAを取り込み、新たなボーグドローンを作り出す。

29世紀のモバイルエミッターを技術のベースとしているため、このドローンは29世紀仕様のボーグドローンと言えた。

ジェインウェイはこの新型ドローンを味方にしようと考え、セブンに彼の教育を任せることにする。

新型ドローン”One”は急速に知識を吸収してクルーの一員として溶け込んでいくが、セブンは彼がボーグ集合体に興味を持つことを恐れていた。

Oneは無意識のうちにボーグトランシーバーを作動させてしまい、スフィアを呼び寄せてしまう。

ヴォイジャーの危機を救うため、Oneは単独でスフィアに乗り込むと、進んだテクノロジーでボーグ艦を乗っ取って星雲に突っ込ませて破壊してしまう。

しかしボーグ艦に接続したことでOneの存在は集合体に知られてしまった。

このままではヴォイジャーが集合体から付け狙われると考えたOneは、自ら命を絶ちヴォイジャーを守ることを選ぶ。

Oneを失ったセブンは、これまで感じたことのない大きな喪失感に襲われるのだった……

補足情報や感想など

  • 相変わらず艦隊のシャトルはすぐに壊れます
  • 「広くて能率的なシャトルを設計すればいい」と言うセブンの台詞。これ伏線
  • 新型ドローンは自分のことを”One”と名乗ります。本当ならサブタイトルもこれにしたかったんでしょうけど、ほんの3話ほど前にそのサブタイトル使っちゃってるんですよねぇ
  • ボーグスフィアが登場するのはヴォイジャーでは初、シリーズ通してみてもファーストコンタクト以来2回目です
  • Oneが生き残れないであろう事は最初から予想が付くのですが、自分から死を選ぶというのは予想外。この短時間のフィルムでよくこれだけのキャラクターとドラマを組み上げたものです。最初と最後で鏡に映ったセブンが対比になる演出も実に上手い!

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。