壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S4第3話「名誉の日」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン4 第3話(通算71話)「名誉の日」”Day of Honor”のあらすじ

ベラナはこのところ不運続きでイライラしていた。さらにセブンが機関部に仮配属になったことで余計な仕事も増え、ますます怒りっぽくなってしまっていた。

ベラナはクリンゴンの「名誉の日」の儀式を行い、自分を見つめ直すことにするが、それも空回りしてしまう。そんな彼女をパリスは気遣うが、ベラナは素直になれず拒絶しまう。

一方ヴォイジャーはカターティ人の船に遭遇する。彼らはボーグに故郷の星を滅ぼされて困窮しており、食料などの救援を願い出てくる。ジェインウェイは快く彼らに物資を提供する。

ベラナはセブンのボーグ知識を元にトランスワープフィールドの実験を行うことになった。これが成功すれば故郷への帰還が大いに早まるのだ。

だが実験は失敗し、やむを得ずベラナは不安定になったワープ・コアを船外に排出する。

とはいえコアがなければワープが出来なくなってしまうため、ベラナとトムは排出したコアの修理・回収を行おうとするが、カターティ人の船にコアを持ち去られ、シャトルも破壊されてしまう。

2人は宇宙服で漂流しながら、互いを理解し合っていく。

その頃、カターティ人達はワープコアを失って弱体化したヴォイジャーに対し、全ての食料と武器、そしてセブンの身柄を引き渡すよう要求してくる。

ジェインウェイは戦う覚悟を決めるが、セブンはカターティ人が失ったトリウムの複製技術を知っていたため、それを提供することを提案する。それがあれば彼らのエネルギー不足は全て解決できるのだ。

カターティ人は取引に納得し、ワープコアを取り戻したヴォイジャーはベラナとトムの2人を救助するのだった。

補足情報や感想など

  • ベラナとトムの宇宙服は「ファーストコンタクト」の小道具からの流用だそうです
  • ”セブン・オブ・ナイン”の通り名が”セブン”に決まりました。彼女からしたら許容範囲だそうです
  • ワープコアの排出はシリーズでは度々ありますが、台詞だけで済まさずちゃんと描かれるのは珍しいですね
  • またシャトル壊れた……
  • カターティ人は最初から胡散臭かったですが、やっぱりという感じですね。しかしジェインウェイに喧嘩を売るとは、なんて馬鹿なことを。セブンが丸く収めてくれなきゃ大変なことになってましたよ(苦笑)
  • 救助に来たヴォイジャーがベラナのバイザーに映り込むシーンは好きですねぇ。SF作品にはやっぱりこういうビジュアルで見せるシーンがないとね
  • ベラナとトムの関係が一気に進展しましたね

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル