壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S5第25話「超時空惑星カターン」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第25話(通算125話)「超時空惑星カターン」”The Inner Light”のあらすじ

パーベニアム星系での調査を終えたエンタープライズは未知の探査機に遭遇する。

探査機の発する素粒子ビームに打たれたピカードは気を失い、目覚めたのは見知らぬベッドの上だった。

見知らぬ女性からケーミンと呼ばれ、3日間高熱で寝込んでいたと聞かされる。

情報を収集した結果、ここはカターンという星のレシクという街で、先ほどの女性はケーミンの妻エリーンだということが分かる。ケーミンは鉄工芸師で、趣味は笛だという。また街は干ばつよる水不足に見舞われていた。

5年が過ぎた。

ピカードはケーミンとして妻と暮らしていたが、まだエンタープライズに戻る方法は見つからなかった。

ピカードはエンタープライズでの出来事が夢だったのではないかと思い始め、妻との日々を現実として受け入れる。

さらに年月は過ぎ、2人の子供と共にケーミンは幸せに暮らしていた。

一方エンタープライズでは、気を失ったままのピカードを目覚めさせようとしていた。ケーミンの人生は夢の中の出来事なのだ。

ライカーは探査機からの素粒子ビームを遮断させるが、その途端ピカードは苦しみだし、夢の中のケーミンは倒れてしまう。

素粒子ビームを元に戻すと、ピカードの容態は落ち着きを取り戻す。

さらにケーミンの歳月は過ぎる。

ケーミンの娘メリボーは美しく成長し、科学者になっていた。彼女はこの惑星が死にかけていることに気づく。ケーミンも同じ結論にたどり着いていた。

カターンの滅亡は避けられなかった。しかしこの星の科学力では、脱出する方法はない。

一方ライカー達は探査機の航跡を分析し、約1000年前に超新星爆発で滅んだカターンという惑星から発射された物だということを突き止めていた。

妻を失い、年老いたケーミンは孫達と幸せに暮らしていたが、孫が大人になる日は来ないと分かっていた。

その日、ロケットの打ち上げが行われる。それはあの探査機の打ち上げだった。

家族の口から全てが語られる。

探査機は、誰かにこの星の出来事を伝えるための装置だった。

ただ誰かに覚えていて欲しい、そうすれば思い出の中で生きられる。

カターンの人々の願いはただそれだけだった。ピカードはその語り部として選ばれたのだ……

そしてピカードはエンタープライズのブリッジで目を覚ます。

気を失っていた時間はわずか25分だったが、ピカードにとっては30年に及ぶ出来事だった。

回収した探査機の中には、あの笛があった。

ピカードはカターンでの日々を噛みしめるように、その笛を吹くのだった。

補足情報や感想など

  • 日本語サブタイトルのセンスはアレですが、ストーリーの方は超一級品です。スタートレックシリーズ全体でのベストエピソードに挙げる人も多い傑作中の傑作回ですよ!!
  • スタートレックとしてもですが、SF作品として大変よく出来たお話です
  • 1993年度ヒューゴー賞 (映像部門)を受賞しております
  • 年老いたケーミンの前に家族や友人が現れて真実を語るシーンは何度見ても泣けます
  • そして笛を吹くシーンでさらに泣かされます
  • もはや語ることはありません。未見の方はとにかく本編を見ましょう

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル