壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S3第23話「英雄症候群」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン3 第23話(通算71話)「英雄症候群」”Sarek”のあらすじ

惑星レガラと連邦との友好会議が行われることになり、伝説的な大使であるバルカン人のサレクがエンタープライズにやってくる。

だがサレク大使は高齢(202歳)で、かつてのような精力的な外交活動は難しいらしく、補佐官達は必要以上に気を遣っている様子だった。サレクはこの会議を最後に引退する予定だという。

一方、艦内のあちこちで口論や暴力沙汰が起き始める。

実はサレク大使はベンダイ症候群という病気だった。感情のコントロールが不安定になっており、それがバルカン人のテレパシー能力によってクルー達にも影響を与えていたのだ。

会議の間サレクの精神を安定させるため、ピカードはサレクと精神融合を行うことにする。だがこれはピカードにとっては精神の安定を失う危険な行為だった。

精神融合は成功しサレク大使は精神の安定を取り戻す。

その代わりにピカードは平静を失い激しい感情の波に翻弄されるが、ドクタークラッシャーの支えで無事乗り切り、会議も成功のうちに終了するのだった。

補足情報や感想など

  • ミスタースポックの父親、サレクの登場です。原語のサブタイトルもズバリ”サレク”ですよ
  • ピカードは「サレク大使のご子息の結婚式に出席した」と言ってましたが、だれかピカードを呼べるような時期に結婚式あげてたっけ……?(サレクの子供はサイボック、バーナム、スポックの3人。みんなあまり親孝行な人物ではないですね…)
  • サレクを演じているのがTOSでサレクを演じたのと同じマーク・レナード氏なので、宇宙大作戦からのファンには嬉しいところですね
  • ピカードが「どんなに科学が発展しても老いにはあらがえない」と嘆きますが、頭髪……いえ、なんでもありません
  • ベンダイ症候群は要するに人間で言うところのアルツハイマー病ですね
  • 感情に翻弄されるシーンのパトリック・スチュワート氏の演技力はさすがですねぇ
  • 最後のシーンの吹き替えは普通に「長寿と繁栄を」でよかったのでは……

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル