壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

02.新スタートレック(TNG)

新スタートレック:S1第24話「時のはざまに」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン1 第24話「時のはざまに」”We’ll Always Have Paris”のあらすじ

エンタープライズは休暇のためサロナ8号星へ向かっていたが、艦内で不可解なタイムループが発生する。

折しもペゴス・マイナー系のポール・マンハイム博士から緊急通信が入る。マンハイム博士は15年前に消息を絶った時間物理学者だった。

信号を追ってバンダー4号星にやってきたエンタープライズは博士夫妻を救助する。博士は瀕死の状態であり、そして博士の妻ジャニースはピカードのかつての恋人だった。

博士の実験で他の次元への窓が開き、銀河全体が崩壊する危機が起きようとしていた。

博士からの情報を元にデータが研究所に上陸し、窓を閉じることに成功する。

次元の窓が閉じると同時に博士の体は回復し、彼は再び研究を続けることになった。

ピカードはパリの街でジャニースと別れを交わし、長年の思いに区切りを付けるのだった。

補足情報や感想など

  • ピカード艦長が若い頃の恋愛の失敗をホロデッキで振り返るという、とても感傷的なシーンが入ります。ピカードの描写としては珍しいシーンですが、こういうの嫌いではないですね。というか大好き。
  • 会議室にジャニースが入ってきたときに、そそくさと退出するライカー達の空気を読む力は大したものです(苦笑)
  • 宇宙の存亡に関わる大事件が起きているものの、主題はピカードの過去の恋愛というのがいいですね。ピカードはもちろんジャニースの演技も凄くいいですし、最後の別れのシーンはとても素敵で優しい気持ちになれました
  • とはいえ、時間の歪みやクライマックスの3つの時間に分かれたデータなどSF的にも見せ方が上手くて引き込まれます。ピカードのデータへの信頼の厚さも確固たるものになってきましたね

目次ページはこちら







-02.新スタートレック(TNG)
-

執筆者:


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル