壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

08.アニメシリーズ(LD)

スタートレック:ローワー・デッキ S2第7話「愛欲の泉」 あらすじや感想や元ネタ解説など

投稿日:2021年9月24日 更新日:

(以下、ストーリーのネタばれを含みます)

シーズン2第7話(通算17話)「愛欲の泉」”Where Pleasant Fountains Lie”のあらすじ

コンピューターによって100年以上戦争状態に陥っていた惑星にやってきたセリトス。

コンピューターのアギマスが無力化されたことで戦争は終わり、アギマスは分析のためデイストローム研究所に運ばれることになった。

マリナーとボイムラーがシャトルで輸送にあたるが、重力の井戸に捕まってシャトルは墜落してしまう。

そのころセリトスには惑星ハイスペリアのモナヴィーン号がランデブーしてくる。

エンジンの不調のためエンジニアの力を借りたいというのだが、実はハイスペリアの女王パオラナはビラップス少佐の母親だった。

修理は順調だったが、謎の爆発で女王とラザフォードが巻き込まれて死んでしまう。ビラップスは艦隊を辞め王座に就く決意を固める。

墜落したボイムラー達は荒野の惑星でサバイバルを強いられるが、水も食料も無い状況で険悪なムードになり、そこをアギマスにつけ込まれる。

甘言に乗ってアギマスを古い宇宙船に接続してしまうボイムラーだったが、実はそれはアギマスのバッテリーを利用して救難信号を送るための演技で、ボイムラーは無事救助を呼ぶことに成功するのだった。

一方、爆発事故はビラップスを王座に就けるための狂言だったことが判明する。テンディはラザフォードが生きていたことを喜び、またラザフォードの活躍によってビラップスの童貞は守られたのだった。

情報を整理してみる

  • ビラップスはハイスペリア星の王子でした。本名はアンダリシオで母親は女王。ただしビラップスは王子の権利を放棄して艦隊に入りエンジニアになったとのこと
  • ハイスペリアの法律で、ビラップスは童貞を捨てると自動的に王座に就かなければならなくなるそうです(なんじゃそりゃ)
  • 艦長達の反応からすると、パオラナ女王がビラップスにちょっかいを出してくるのは毎度のことのようです(TNGにおけるラクサナのようなポジションなのでしょう)

今回の元ネタ解説

※小ネタは多すぎて全部は把握できていません。何か思い出したらまた追記します。

今回の感想

少佐の童貞を守れ!とか、肝心なときに勃たないとか、一生童貞を貫きます!とか、今回は色々酷すぎる(苦笑)

スタートレックには悪いコンピューターは無数に登場するため、今回はそこをネタにしたお話でもありました。

デイストローム博士が登場したTOSの「恐怖のコンピューターM-5」もその手のお話ですし、以前登場した「ベータ・スリーの独裁者」のランドルーなんかもそれですね。

この辺は実に宇宙大作戦っぽくて楽しかったです。

一方でまだタイタンの件を根に持っていたマリナーでしたが、それに対してボイムラーがかなり成長していることに驚きます。あれ全部演技だったとか見ているこっちもすっかり騙されましたよ。随分頼もしくなったものです。この辺のどんでん返しは実に痛快でした。

どちらかと言うとテンディの方が少し心配な気がしてきます。前からちょっとヤンデレ気質を見せてはいましたが、ラザフォードがホントに死んじゃったりしたら大変なことになりそうです……

「ローワーデッキ」の目次はこちら







-08.アニメシリーズ(LD)
-

執筆者:


  1. ミディクロリアン より:

    最後のほうの悪のコンピュターの台詞で「私こそ、第二のSeven of Nineだ!いや、第二の〇〇だ!」と言っていますが、日本語版(アディアスワン?)も字幕版(seven-one?)もうまく〇〇の部分が聞き取れず、元ネタもわかりませんでした。よろしければ、元ネタを教えていただけませんか?

    • raccoon81920 より:

      あのコンピューター「アギマス」が自分の名前と「セブン・オブ・ナイン」をもじって「アギマス・オブ・ワン」と言っていただけで、特に元ネタは無いんじゃないかと思います。
      割と元ネタの無い台詞とかも多いので、私も判断に迷うときは結構あります

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル