壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S5第8話「秘められた過去」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン5 第8話(通算106話)「秘められた過去」”Things Past”のあらすじ

ベイジョーでの会議から帰る途中、シスコ達のランナバウトはプラズマ嵐に遭遇し、気を失った彼らの意識は過去に飛ばされてしまう。

そこは7年前の、カーデシア占領下のテロック・ノールだった。だが周囲の状況は史実とは微妙に異なっていた。

シスコ達の意識はベイジョー人に入り込んでおり、周囲の者からはベイジョー人に見えるらしい。

ジャッジアはガル・デュカットに気に入られ、シスコ・オドー・ガラックの3人はクワークの店の従業員に雇用される。

だがオドーの記憶によると、シスコ達の意識が入り込んだ3人のベイジョー人は、このあと無実の罪で処刑されることになっているという。

シスコはレジスタンスと連絡を取ってステーションを脱出しようとするが、爆破テロに巻き込まれ犯人として逮捕されてしまう。

ジャッジアの機転でステーションを脱出しようとするも、なぜかステーションを出ようとすると監獄に戻されてしまう。しかも看守の中には可変種も存在していた。

オドーは必死に3人の無実を訴えるが、刑は執行される。しかもそれを監督指揮しているのは過去のオドー自身だった。

そこで皆は目を覚ます。

実は意識は過去に飛んでいたのではなく、オドーとテレパシーで繋がって記憶を追体験していたのだ。

オドーは7年前に無実の人間を処刑してしまったことを悔いており、それが今回の体験に現れたのだ。

誰もが過去の過ちを背負って生きていかなければならないのだと言うキラの言葉を、オドーは重く受け止めるのだった。

補足情報や感想など

  • ガラックが久々に登場です。前回はシーズン4第26話「可変種の脅威 第二幕・前編」で6ヶ月の懲役(禁固?)を受けてオドーに連れて行かれて終わってますので、劇中では半年経ったということなのでしょう
  • 非常に暗く重い話で、話の構成もややこしいですが、本当に過去に飛んだのではないことは早々に予想できてしまいますね
  • オドーの人間的な面を強調するお話という感じです。でもちょっと暗すぎたかなぁ……

DS9の目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。