壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S6第25話「呪われた12デッキ」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン6 第25話(通算145話)「呪われた12デッキ」”The Haunting of Deck Twelve”のあらすじ

特殊なJクラスの星雲を通り抜けるため、ヴォイジャーは全ての電源を切って惰性で進むことになった。

余計な心配をさせないため子供達には詳細を伝えなかったのだが、逆にそれが子供達の好奇心を引いてしまう。

そこで子供達の世話を任されていたニーリックスは、彼らに第12デッキの幽霊の話を聞かせることにする。

数ヶ月前、やはりJクラスの星雲を通り抜けることになったヴォイジャーでは、通過中に謎の電磁波に襲われシステムに不具合が続出していた。

原因は電磁波生命体が侵入したためだった。それは少しずつ艦を乗っ取ろうとしていた。

ジェインウエイは生命体と会話するチャンスを掴み、生命体が星雲に戻りたがっていることに気付く。だがヴォイジャーが通過した影響で星雲は消滅していた。

怒った生命体はヴォイジャーを完全に乗っ取るが、クルーがいなければ艦は運用できなくなり生命体も長くは生きられない。

根比べの末、ジェインウエイと生命体は和解に到る。

12デッキに星雲の環境を再現し、同様の星雲が見つかるまで生命体はそこで暮らすことになった。それが第12デッキの幽霊の正体なのだ。

そしてニーリックスの話が終わり子供達が再び眠りにつく頃、生命体は星雲へと帰って行くのだった。

補足情報や感想など

  • 電源の落ちた艦内でニーリックスが怪談話を語るという、変わったシチュエーションのエピソードです
  • 怪談にまったく怖じ気づかないボーグチャイルドの皆さんが楽しいですね
  • まあ、実際のところ全然怖くないんですけどね(苦笑)

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。