壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

04.ヴォイジャー(VOY)

スタートレック・ヴォイジャー:S6第24話「ジマーマン博士の屈辱」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン6 第24話(通算144話)「ジマーマン博士の屈辱」”Life Line”のあらすじ

パスファインダープロジェクトによりヴォイジャーは艦隊本部と通信が出来るようになった。32日に1度だけではあるが、定期的に情報をやりとりできることはクルー達にとって嬉しい出来事だった。

通信の中に、バークレーからドクターに当てたメッセージがあった。

ドクターの生みの親、ジマーマン博士が重病で余命幾ばくもないというのだ。そこでドクターはヴィディア人の技術とボーグテクノロジーを応用した治療法を考案する。

だがボーグテクノロジーを理解出来る医者は艦隊にはいないため、ドクターは自分のデータを圧縮して自らジマーマン博士の元へ向かうことにする。

最初はジマーマン博士に出合って感激するドクターだったが、偏屈な博士は治療に全く非協力的で、ドクターは博士に手を焼くばかり。

バークレーに頼まれてエンタープライズからカウンセリングにやってきたディアナは、ドクターのマーク1モデルがジマーマン博士にとっては失敗の象徴であることを突き止める。

一方ドクターの方も通信によりデータのマトリックスが劣化し、消滅の危機に陥ってしまう。

実はそれはバークレーとディアナが仕掛けた策略だったのだが、ドクターのプログラムを修正する中で2人は和解し、ジマーマン博士はドクターの治療を受け入れる。

ボーグ技術を使った治療は成功し、ジマーマン博士の命は助かった。

そしてドクターが帰還する日がやって来る。

互いの存在を認め合って気持ちを通じさせた2人は、笑顔で別れるのだった。

補足情報や感想など

  • みんな大好きバークレー登場です
  • ディアナさんも再登場します。実は彼女との通信シーンはエンタープライズE(の内部)がテレビシリーズに登場する唯一のシーンだったりします
  • ほぼ全編にわたってドクター&ジマーマン博士役のピカード氏の熱演回という内容です。レギュラーキャラの出番少なっ!
  • ディアナとバークレーが効果的にストーリーに絡んでいて上手いシナリオだったと思います
  • 他のマーク1モデルがお払い箱になってるというのは悲しいですね。ドミニオン戦争で破壊された個体も多いんじゃないかしら……

ヴォイジャーの目次ページはこちら







-04.ヴォイジャー(VOY)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。