壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

ミニチュア・小物など

美味い日本酒いいですね。日本の銘酒ガチャを回してきました【レビュー】

投稿日:2021年4月29日 更新日:

日本の銘酒を楽しみましょう

日本の銘酒の酒瓶をミニチュアにしたカプセルトイが発売されていたので回してみました。

商品情報

  • 商品名 日本の銘酒 Sake collection
  • バリエーション 5種類
  • 発売日 2021年4月頃
  • 価格 一回300円
  • 材質 MABS (「獺祭」の紐のみナイロン製)
  • 商品の特徴 定番の日本酒がミニチュアに!
  • 発売・販売元 株式会社バンダイ

ラインナップは以下の通りです

  • 辰馬本家酒造「黒松白鹿」
  • 酔鯨酒造「酔鯨 特別純米酒 辛口」
  • 朝日酒造「久保田 千寿」
  • 一ノ蔵「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」
  • 旭酒造「獺祭 磨き二割三分」

それぞれ瓶の他にお猪口が付属します。

酒瓶などのミニチュアというのは割と定番商品で各社から販売されていますが、実在するメーカーとタイアップした商品は意外と珍しいです。

この中だと私が飲んだことがあるのは「酔鯨」「久保田」「一ノ蔵」の3つくらいです。

この5銘柄については「SAKETIMES(サケタイムズ)」さんという日本酒情報発信サイトにて選定しているとのこと。今後もシリーズ化して行く予定だそうです。

例によって1回勝負です

酔鯨が出ました。飲んだことある銘柄が出たのは親近感が持ててラッキーです。

他の銘柄に付属しているお猪口はいわゆる蛇の目柄なのですが、酔鯨付属のものだけは鯨柄になっているそうです。その点でもラッキーでしたね。

瓶のサイズですが、全長で6cm程ありました。

一升瓶の大きさは長さが39.5cmですので、およそ1/6.6というサイズになります。いつも遊んでる1/12サイズのフィギュアと合わせるには明らかにオーバースケールなのですが……

実際に並べてみると、結構違和感がなくまとまってしまうものです。

エーデルワイスさん明らかに飲み過ぎですね(苦笑)

もう少し小さい瓶が欲しい場合は、リーメントさんから割と小ぶりの瓶ミニチュアが出ていますのでそちらの方がオススメです。ただそちらは特にメーカーとタイアップしているわけではありませんので、パチもの感満載のラベルですけどね。

もっと厳密に1/12サイズを求める場合はミニチュア専門店などを探してみた方が確実で良いものが手に入ると思います。

【参考】使用ミニチュア

上の写真で使用している小物は以下の通りです。

  • フィギュア メガミデバイス武装神姫 エーデルワイス
  • 背景 100円ショップキャンドゥの和室背景ボード(最近セリアから再販売されているようです)
  • テーブル リーメント「ズボラちゃんのお部屋事情」より
  • 焼き鳥と七味 リーメント「居酒屋のんべえ」より
created by Rinker
リーメント(RE-MENT)
¥8,000 (2021/10/26 00:31:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リーメント(RE-MENT)
¥4,590 (2021/10/26 05:57:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
壽屋(KOTOBUKIYA)
¥8,800 (2021/10/26 00:37:02時点 Amazon調べ-詳細)







-ミニチュア・小物など
-

執筆者:


  1. さわ より:

    こんばんは。
     3枚目の画像、最高です。
    エーデルワイスさんは、存知あげないのですが、
    一升瓶とのバランス、素晴らしいと思います。
     床の間のある和室。
    今の住まいに、畳がないので、憧れます。
    昔、新潟にいた時の部屋が懐かしいです。
     つまみの中に、アメリカン・ドッグらしき物がありますが、
    つくねでしょうか?

     油断できない毎日が続いております。お大事にして下さい。

    • raccoon81920 より:

      アメリカンドッグに見えますが、居酒屋ミニチュアの焼き鳥セットに入っている品なのでつくねですね。安価なミニチュアなので細かいことは気にしてはいけません(苦笑)
      私も和室は好きです。やはり落ち着きます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル