壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

05.エンタープライズ(ENT)

スタートレック・エンタープライズ:S2第13話「熱き夜明け」あらすじや感想など

投稿日:2022年3月12日 更新日:

シーズン2 第13話(通算39話)「熱き夜明け」”Dawn”のあらすじ

シャトルのテスト飛行をしていたタッカーは突如攻撃を受けた。

近くの月に緊急着陸したが、敵の小型船もエンジン不調で同じく不時着していた。

敵のパイロットは地上でもタッカーに襲いかかってくる。相手はアーコニアン人だった。

エンタープライズにも彼らの軍用船が接触してくる。即時退去を命じられるが、彼らの方も行方不明の仲間を探しているらしい。アーチャーは協力して捜索をしようと提案し、相手の艦長も渋々ながら承諾する。

タッカーと敵パイロットは言葉が通じない中で互いに反目しながらも、脱出のために通信機の修理を進めていく。

二人は取っ組み合いの喧嘩にまでなるが、それでも何とか通信機を山の上に設置しエンタープライズへと通信を送る。上手く通じたかは解らなかったが、二人はいつの間にか奇妙な連帯感を持つようになっていた。アーコニアン人の名前がゾカーンということも分かった。

やがて夜が明け始める。この月では日中の気温は170度にもなるのだ。

二人は死を覚悟するが、ついにエンタープライズから返事が返ってきた。特殊な環境のためシャトルを送ることが出来なかったが、転送は可能だった。

しかしゾカーンは下手に転送すると命が危ない状態にあった。タッカーはゾカーンだけを残して自分だけが救助されることは頑として拒否する。

タッカーはアーコニアンのシャトルを改造するアイデアを提案し、そのおかげで二人の救助はギリギリ間に合った。

エンタープライズに戻りやっと言葉が通じた二人は、互いに友情を確かめ合うのだった。

補足情報や感想など

  • 過去のシリーズで似たような話あったよなぁ、というのが第一印象(苦笑)
    (TOS「怪獣ゴーンとの対決」、TNG「謎のタマリアン星人」「宿敵! ロミュラン帝国」、DS9「あの頂を目指せ」あたりに似たようなシチュエーションのシーンがあります)
  • なので展開としては大変普通です。特に意外性はありません
  • とはいえ、最後に互いを理解し友情を感じるシーンは良いです。ベタですがこういうのは嫌いではありません
  • 死を覚悟したシーンのタッカーの台詞は「ブレードランナー」のパロディですね。あと全体的に「第5惑星」のパクr……
    created by Rinker
    ¥2,700 (2022/10/03 13:11:48時点 Amazon調べ-詳細)

エンタープライズの目次ページはこちら







-05.エンタープライズ(ENT)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。