壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

03.ディープスペース9(DS9)

スタートレックDS9:S3第11話「2024年暴動の夜(前編)」あらすじや感想など

投稿日:

シーズン3 第11話(通算57話)「2024年暴動の夜(前編)」”Past Tense, Part I”のあらすじ

シンポジウム出席のため地球へやってきたシスコ達。

だが転送したシスコ、ジャッジア、ベシアの3人は遮蔽装置が排出するクロニトロン分子の影響で2024年のサンフランシスコに飛ばされてしまう。

シスコとベシアは失業者を収容する保護区域に連れて行かれてしまい、一人はぐれたジャッジアは実業家のクリス・ブリナーに助けられる。

だがカレンダーを見てシスコはあることに気づく。2024年8月30日、それはアメリカ史上最悪の市民暴動「ベル暴動」が起きる直前だった。しかもシスコ達が入れられた保護区域Aは、まさにその場所なのだ。

シスコ達は保護区域からの脱出を考えるが、夕食の配給を巡るトラブルに巻き込まれ、シスコ達を助けようとした現地の男が命を落としてしまう。

その男こそベル暴動の英雄、ガブリエル・ベルだった。彼の行動によって労働者の待遇改善が進むことになるのだ。歴史を正しく進めるため、シスコはベルの代役を務めることを決意し、暴動のメンバーへと参加する。

一方、オブライエンとキラは救出計画を練っていたが、突然地球の艦隊施設が全て消えてしまう。亜空間バブルに包まれていたディファイアントを残して、周囲の歴史は全て変わってしまったのだ。

だが過去では、予定よりも早く暴動が始まってしまい……

補足情報や感想など

  • スタートレックの伝統的パターン、歴史改編ものです
  • 初見の時は2024年なんてまだだいぶ先だと思ってましたが、あとたった3年になってしまいましたよ……(この文章は2021年に書いています)
  • ジャッジアは情報企業のCEOに助けられたとのことで、今で言えばGoogleかAmazonのCEOにでも拾ってもらったというところでしょうか
  • シスコ達が入れられた保護区域は、街並みがTOSシーズン1第28話「危険な過去への旅」と大変よく似ています。同じセットという説もあるらしいのですが真偽不明です(情報ソースを見つけられませんでした)
  • 「危険な過去への旅」と大変よく似た時間ネタを、同じようなセットで行うというのが実にマニアックですな
  • 現在のアメリカ(を含めた世界)の経済状況はこの物語の中ほど酷くはありませんが、裕福層と貧困層に分断された格差社会といった辺りは、割と現実そのものなんですよねぇ……

目次ページはこちら







-03.ディープスペース9(DS9)
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
コロナ以降自転車に乗る時間が激減し
最近はすっかりインドア趣味ばかり

created by Rinker
GOOD SMILE COMPANY
¥8,361 (2022/01/24 12:47:43時点 Amazon調べ-詳細)

※アマゾンでプラモデルの新商品を検索する際は、新着商品一覧(こちら)から探すと早いです。商品ページ公開前の「予定地」の時点から表示されますよ。
出品者選択をAmazonに限定することでマーケットプレイスを除外することも出来ます。