30MM

【30MM】エグザビークル第一弾!エアファイターVer.を買ってきた【レビュー】

投稿日:2020年5月29日 更新日:

新型カテゴリー・エグザビークル展開開始!

バンダイの「30 MINUTES MISSIONS」の新製品「エグザビークル・エアファイターVer.」を買ってきました。

ロボット本体と支援パーツという組み合わせで展開されてきた30MMシリーズに、新たに登場したカテゴリー「エグザビークル」の第一弾です。

今回はエアファイターということで、空戦アルトのパーツを流用しつつ、空戦アルトとはかなりイメージを変えた支援戦闘機を出してきました。

ちなみに今回のデザインはアルトとポルタをデザインした海老川兼武氏やラビオットをデザインした柳瀬敬之氏と仲の良いことで有名な、島田フミカネ氏がデザインを担当されているとのことです。

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥858 (2020/07/15 17:28:11時点 Amazon調べ-詳細)

今回のランナー構成

空戦アルトのオプションパーツを流用しつつ、新規パーツが追加されていました。

空戦アルトから流用されていたのがこの4枚です。空戦のランナーは最初から分割できる設計になっていましたので、周到に計画されていたんでしょうねぇ。

そして新規ランナーがこちらです。

割と細かいパーツが多いです。

さて、今回もパーツ構成や組み替えについてはバンダイ公式のブログ(こちら)が細かくレビューしていらっしゃいますので、例によって詳細はそちらをご覧頂く方がよろしいかと思います。

今回も素組みしますが……

とりあえず素組みでバンバン組み立ててしまいますが、今回は最初から墨入れしながら作りました。塗装はしない予定ですので、ガンダムマーカーの流し込み墨入れペンでドンドン墨を入れていきます。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥220 (2020/07/14 21:24:54時点 Amazon調べ-詳細)

はみ出した箇所はヤスリスティックフィニッシュで削ってしまいました。ついでに全体的にヤスリスティックを当てて、プラスティック独特のテカリを抑えています。つや消しクリアを吹き付けなくてもツヤが落ち着いてカッコよくなりますよ。

入り組んだところはヤスリが届きませんので、はみ出した箇所はガンダムマーカー消しペンの溶液を綿棒に取って拭き取りました。やはりこういう箇所にきっちりスミを入れてやると引き締まってイイですよね!

出来ました。

羽根を目一杯広げると結構大きいです。撮影ブースに収めるのがギリギリでした。

パーツ構成はこんな感じ。分割できる箇所が多くて可動箇所も結構ありますので、組み替えに利用できる幅も大きそうです。ただ個人的には、羽根は空戦アルトの大きな一枚翼の方が好みかなぁ。

ラビオットに取り付けてみました。

このラビオットは胴体を陸戦アルトに換装して肩幅を狭くしています。個人的にはこのくらいの方が好みなので……

一枚翼と違ってなんだか羽ばたいて飛びそうな雰囲気になりましたね。

頭部は付属のボーナスパーツを使ってみました。

なかなか面白いデザインです。ただ機首が後頭部に付いていて重心が後ろに偏っているため、顎を引いたポーズをさせようとしてもすぐ後ろに倒れてしまって参りました(苦笑)

あと特筆すべきはローラーダッシュタイプの足首パーツが付属しているところですね。

ボトムズファンの血がたぎります(苦笑)しかもちゃんとホイールが別パーツになっていて回転する設計ですよ!

最近のバンダイは本当に凄いですね……

追記)砂漠都市戦に参戦

折角なので砂漠都市戦に1機放り込んできました。

ロボット側と組み合わせたり可変機を作ったりするのも面白いと思いますが、戦闘機単体で見ても結構遊べる良いプラモですぜ。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-30MM
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル