壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

ニュースやTVの話題から 経済一般

デカトロン本格上陸!迎え撃つのはワークマン?スポーツデポ?いや結局Amazonかも・・・

投稿日:2019年3月28日 更新日:

ついにデカトロンが本格上陸します

既にニュースでも報道されていますのでご存じの方も多いかと思いますが、フランスのスポーツ用品チェーン店「デカトロン」の日本一号店が明日、阪急西宮ガーデンズ本館3階にオープンします。

これまでもオンラインストア(こちら)にて購入は出来たのですが、実際の店舗はこれが日本初です。

このデカトロンの最大の特徴はその安さで、特に350円のリュックは有名です。幅広いスポーツに向けた商品を低価格で提供しており、ヨーロッパと中国では大成功を収めているそうです(アメリカでは既存チェーン店に押されて苦戦だそうですが)

安さの秘密はメーカー品を並べるのではなく、企画開発から自社で手がけた高品質の低価格商品を提供している点にあるそうですが、このような自社開発による商品展開は日本でも「アイリスオーヤマ」などが成功を収めている企業モデルですね。まあアイリスオーヤマの場合は店舗を持っているわけではありませんが「店舗を持たない製造小売業」と言われているくらいですので、その立ち位置は割と近い物なのではないかと思います。

デカトロンのオンラインストアを見てみると多様なスポーツの商品を扱っています。ロードバイクまで扱っていますが、これはさすがに入門者向けの商品という感じでした。ロードバイクはメーカーブランドも価値のうちですので、あまりデカトロンで買おうとは思いませんね。

ですが一般的に人気の高いランニング用品やウェア、登山やキャンプ用品あたりはかなりの売れ筋になると思われます。特にスポーツウェアには普段使いでも便利に使える物が多く、実際日常で利用している方も多くいらっしゃいますからね。わたしも自転車向けのウェア小物や登山向けのウィンドブレーカーや肌着を日常で利用していたりします。

迎え撃つのはワークマンプラス?

自社開発のウェアを低価格で提供と言うキーワードから連想される日本企業として「ワークマン」の名前が挙がっています。従来ならウェア系の対抗馬には「ユニクロ」の名前が挙がったはずなんですが、今回の件に関してはユニクロは影が薄いですねぇ。

ワークマンは作業着の一大チェーン店ですし「やる気ワクワクワークマン」というCMソングが耳に残っている方も多いでしょう。私は建築業従事者ですので、当然のように昔からワークマンにはお世話になっております。自分の印象としては品質はそこそこ、でもとにかく安くて安心して着つぶせる作業着という印象を持っていました。

しかし最近のワークマンはデザインにも気を使ってきており、従来のように作業員向けだけではなくファッション性能を高めた商品も続々提供しています。さらに「ワークマンプラス」というユニクロ的な店舗をショッピングモールに出店し始めており、これが今後数年で一大勢力になるのではないかと見込まれています(おかげで最近株価が凄いことになってますよ!買っときゃ良かった!!)

ワークマンプラスはまだあまり店舗数がないのですが、私も一度遠出して近くに行った際に店舗を実際に見てみたことがあります。

確かに安いな~と思いました。もちろん物によっては安っぽいな~(苦笑)と思える物もあるのですが、この値段ならやはり安心して使いつぶすことが出来ます。下手に高い物買ってあまり使わずに駄目にしてしまうよりよっぽど良いかもしれませんね。

とは言えワークマンはスポーツ用品全般を扱っているわけではありませんし、デカトロンと競合する部分は限られていると思います。

このことはワークマン側もよく分かっているようで、ワークマン常務の土屋氏はインタビューにおいて「厳密には扱うカテゴリーが違う」といったことをおっしゃっておられました。上手く共存して市場を盛り上げて頂けると消費者としても嬉しいことだと思います。

本来競合するのは総合店

「スポーツデポ」とか「スポーツオーソリティ」といった総合スポーツ店こそ本来競合するべきライバル店でしょう。しかしニュース等を見てもこのあたりの名前は殆ど挙がってきません。それは価格面で全く対抗できないからでしょうね。メーカー品を希望小売価格で置いているだけでは全くお話にならないのです。今後デカトロンが日本で全国展開を始めたときに、これらの既存のチェーン店がどのような戦略をとってくるかは楽しみなところです。

そして「総合」という面で考えれば、結局最大の対抗馬は「Amazon」になってしまうのではないかと思います。

通常商品だけでもアマゾンは大変な脅威ですが、アマゾンにも自社開発の商品を扱うAmazonベーシックこちら)という商品カテゴリーがあり、そこではキャンプ用のリュックやテントも販売しています。

まだまだ商品点数は少ないですが、結構デカトロンと近いところを攻めてきているように思えますね。

頑張れワークマン

個人的には日本企業に頑張って欲しいですし、昔から利用していることもあってワークマンには期待しています。

もちろん安くて品質の良い物が手に入るのは大歓迎ですので、デカトロンだって利用したいと思っていますけどね。

とは言えまだ近所のショッピングモールにはワークマンプラスもデカトロンも存在しない状態ですので、まずは早く近所にも出来て欲しいなーと思うところなのです。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-ニュースやTVの話題から, 経済一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル