壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

健康のために出来る事

寒い冬にぐっすり眠るための方法あれこれ

投稿日:2018年12月31日 更新日:

良い睡眠は全ての健康の源

私は暖かい布団でぐっすり眠れるのは最高の幸せだと思っています。

かの水木しげる先生も「睡眠力は幸福力」という超名言を残していらっしゃいます。「手塚治虫先生や石ノ森章太郎先生が早く死んだのは寝ないで仕事したからだ」とまでおっしゃっていました(苦笑)

一番良い眠り方は、仕事や私生活のストレスから完全に解放されて、目覚まし時計にも支配されることなく自然な眠りを享受することだと思いますが、これは現代社会では中々難しいところではあります。私も睡眠中に仕事の夢をみて飛び起きたり、夜中に仕事の電話がかかってきて起こされたりしたことがありますが、そういうときは酷く惨めな気分で朝を迎えて、その日1日調子が狂ったりしたものです。

作れる環境は作ろう

仕事環境などはそう簡単に改善できないかもしれませんが、睡眠環境そのものは多少の努力で改善は出来ます。出来る事はやりましょう。

布団をこまめに干す

やはり汗を吸ってベトベトになった布団では安らかには眠れませんので、天気の良い休日には極力布団を干すようにしています。ただ冬場は気温も低いし日照時間も少なく、なかなか効率的に布団を干すのが難しい事もありますね。

私はまだ試した事がないのですが、こんな商品があるそうです。

created by Rinker
東和産業
¥1,277 (2019/11/18 13:46:04時点 Amazon調べ-詳細)

布団に被せて使うそうですが、黒い色のカバーで太陽光を吸収し内部の温度が高くなるため乾燥が早く短時間で干せて、ダニ退治の効果も高いそうです。またカバーをする事で花粉が布団に付着するのを防げるそうですので、次の花粉症シーズン前には導入して試してみようと思っています。

寝る前に一度体温を上げておく

人の体は眠っている間に体温を下げる働きがあるそうです。寝ている間は代謝を下げて体を休ませることと、1日働いて疲れた脳を冷まして休ませるためなのだそうです。寝る前にお風呂に入って体を温めるとよく眠れるというのは、お風呂で末梢血管が拡張して、効率よく体温を発散できるようになるからだそうですよ。

時間や設備などの都合で湯船につかれないという場合は、足湯だけでも効果が高いそうです。

また部屋の暖房が効きすぎていると体温が下がりにくくなるため、睡眠には却って逆効果だとか。脳みその入っている頭はむしろ寒くても大丈夫なのだそうです。確かに真冬の寒い早朝で頭だけ妙に寒いようなときも、気持ちよく睡眠はとれている実感があります。ただ肩は冷やさないようにしないといけませんね。

布団を暖めておく

せっかくお風呂でぽかぽかになってウトウトしていても、冷たい布団に入って一気に目が覚めてしまうような事があります。

事前に適度に布団を暖めておいてあげれば、やっぱり気持ちよく眠れますよね。

古典的手法ですが、あらかじめ湯たんぽを布団に入れておくのは効果的だと思います。ただし湯たんぽは低温やけどのリスクがありますので寝ている間ずっと布団に入れておくのは実は駄目なのです。事前に布団を暖めておいて、寝るときには取り出してしまうのが正解なのです。

また布団乾燥機もあたために役立ちます。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥5,785 (2019/11/18 13:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

設置の手間はかかりますが、やはり布団にマットを挟み込んで暖めるタイプがオススメです。隅々まで暖められますし、もちろん天気が悪い日の布団乾燥にも活躍してくれます。

最近はマットを使わないタイプの布団乾燥機もあるのですが・・・

created by Rinker
象印マホービン(ZOJIRUSHI)
¥10,081 (2019/11/18 13:46:06時点 Amazon調べ-詳細)

今私が使っているのはこのタイプです。以前使っていたマットタイプから買い換えて使っているのですが、実はこれが壊れたらまたマットタイプに戻そうと思ってます。

世間的には(アマゾンのレビューでも?)こちらのマット無し送風タイプの方が評判は良いようです。 たしかにセッティングが簡単ですからね。でも隅々までしっかり暖める性能はマット型の方が絶対に上だと実感しています。やっぱり送風型は奥まで届かないんですよ・・・軽~い掛け布団なら届くのかもしれませんが、我が家の重たい掛け布団にはちょっと力不足ですね。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-健康のために出来る事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル