壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

映画など映像作品の感想

有楽町のコニカミノルタ・プラネタリウムを見てきた

投稿日:2018年12月20日 更新日:

有楽町に新規オープンしたプラネタリウム

有楽町マリオン9階のTOHOシネマズ日劇跡に、新規のプラネタリウム施設がオープンしたというので寄ってみました。マリオンに来たのは久しぶりです(公式ホームページはこちら

劇場直通のエレベーターで9階に上がると、すぐ左に自動券売機がありました。チケットの購入はここで直接行うか、ホームページ上でチケットを予約しておいて券売機で発券するかになります。映画館と同じ形式ですね。

料金は上映内容とシート種類によって1600円~4600円まであるとの事。価格的にも映画館と似たような感覚です。

館内配置

入場して左側にドーム1、右側にドーム2が配置されています。

 

ドーム1の横にはVRアトラクションや売店なども設置されていました。物販ショップの横では軽食や酒類の販売もおこなっていました。

私が行ったときにはVRの方はお客さんがおらず、稼働している様子がありませんでした。ロビーにはそこそこのお客さんがおりましたが、どうやら皆さん普通にドーム上映の方を見に来ているようです。

さすがに新規オープンということで大変綺麗な施設で、ロビーも広くて快適です。

上映内容

ドームが2つありますが、双方で上映内容に違いがあります。

ドーム1はプラネタリウムだけではなく8Kの高解像度映像が投影可能な設備で、音楽ライブやパフォーマンスを想定した舞台設備も設置可能な「多目的シアター」として作られているとの事です。そのため上映内容も生演奏や演劇を取り混ぜた物が中心で、上映中にお酒を含めた飲食が可能なプログラムもあるそうです。ライブハウスの感覚ですね。

ドーム2の方が本来のプラネタリウム施設に近い物で、満天の星空とドーム映像を取り混ぜた上映が可能だそうです。こちらの映像は4Kまでとのこと。

今回私はドーム2で上映される「To the GRAND UNIVERSE 大宇宙へ music by 久石譲」というプログラムを選びました。ホームページの案内によると、

  • 上質な音楽に浸りたい
  • 映画が好き
  • 宇宙に行ってみたい
  • 何も考えず星空に浸りたい

という人にオススメとのことでしたので、私には丁度よいかと思いこれにしました。

上映時間は40分ほど。シートが深くリクライニングしますので、横になったような体制でドームを見上げて鑑賞します。プラネタリウム独特の星空に浮かんだような浮遊感が味わえます。

ただ上映内容の方は、う~ん、ちょっとリピートしようとは思わないかなぁ。「何も考えず星空に浸りたい」人にオススメとは書かれていましたけど、星空だけを投影して音楽が流れるだけの時間が割と長くあって、ここで正直眠りそうになりました。

いや、あれは寝るって(苦笑)

気を取り直して星座を探しながら星空を丹念に見てやろうかと思ったのですが、満天の星空は星が多すぎて星座を探すのも一苦労。星座盤でも持ち込めればいいんですけどねぇ。

映像と音は凄く良いので、もう少しエンターテインメント性があった方がリピーター見込めるんじゃないかしら。まあそれを狙っているのはドーム1の上映の方なんでしょうけど。

ナレーションもポエム的なものだったので余計に眠気を誘いました。それならむしろ昔ながらの星座解説をしながら星空を見ていくような古典的な演出とかの方が良いような気もしましたが、まあそういうのは他のプラネタリウム施設へ行けば見られますしねぇ。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-映画など映像作品の感想

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル