壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

経済一般

年金受給開始75歳からも選択肢に!支給額がお得なのは結局何歳?

投稿日:2019年2月11日 更新日:

年金75歳からの開始は受給2倍?

先ごろのニュースで、厚生労働省が年金の受け取り開始年齢を75歳まで遅らせる事が出来るようにする検討を始めた、という報道がありました。

現在は65歳が基本的な受給開始年齢で、選択によって60歳まで前倒しするか70歳まで遅らせるかを選べるようになっています。これに75歳まで遅らせるという選択肢を加えようというのです。検討に入ったと報道されたということは、もう殆どやると決まったことなのでしょう。

75歳から受給する場合、65歳開始に比べ支給月額が約2倍になる可能性があるそうです。

そうなると気になってくるのは、結局何歳からもらうのがお得なのかという点です。

選択肢が広がるのはいいことですが・・・

この制度変更が実施されると、年金の受け取り開始年齢は60歳~75歳の15年間の中から選ぶ事ができるようになります。結構な幅がありますね。

現在の試算ではこのような支給の増減になる見込みだそうです。

  • 75歳から → +84%(?)
  • 70歳から → +42%
  • 65歳から → 0%(原則支給年齢)
  • 60歳から → -30%

遅らせれば遅らせるほど支給額が増えますよ、ということです。

ちなみに2017年の支給状況の統計では、65歳から受給を受けている人が全体の66.3%、前倒し受給を選択している人が全体の32.3%、受給を65歳よりも遅らせている人は全体の1.5%となっています。

金額が増えるといわれても、遅らせることを選んでいる人は1.5%とほんの僅かなんですね。

また前倒しを選択した場合のリスクは以下のものがあります。

  • 毎月の支給額が減る(決定された減額率は生涯続く)
  • 障害基礎年金は受給できなくなる
  • 寡婦年金が受給できなくなる。
  • 65歳になるまで遺族厚生年金・遺族共済年金が受給できない。

一方で遅らせることを選択した場合のリスクは、先行して受け取っている場合の累積支給額に追いつくのに時間がかかることです。

65歳から受け取る場合の支給額に対して

  • 70歳から受給の場合 → 81歳10ヶ月で支給額が追いつく
  • 75歳から受給の場合 → 85~86歳で支給額が追いつく(制度未定のため見込み)

となるそうです。そして最大のリスクはいつまで生きるか分からないということですよね。死んでしまったら、それ以上受け取ることは出来ません。85歳以上まで生きる自信があるのなら75歳受給を選ぶのが良さそうです・・・

年金は貯蓄なのか保険なのか

役人の方やファイナンシャルプランナーの方は「年金は保険」なのだから、貯蓄のように損得で考えるのは違う、とおっしゃられたりします。

その理念は分かるのですが、選ぶことの出来ない強制的な保険であるという点と、貯蓄していたほうがマシだったという程度にしか帰って来ない未来が見えてくると、心情的には素直に納得は出来なくなってしまいます。

制度自体のほうも、たぶん私が受け取れる頃にはさらに改悪されて60歳の選択肢は無くなり65歳が前倒し扱い、70歳が基本になるんじゃないか? と予想しています。

さてどうなるでしょうかねぇ

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-経済一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル