壊れた大人のマインドノート

プラモと自転車がメインの趣味ページ。映画やアニメも沢山見るよ。あと料理とか

海外ドラマ

シーズン2 第2話 あらすじと情報整理と感想※ネタバレあり【マンダロリアン】

投稿日:

(以下、ネタバレ全開です)

シーズン2 第2話(通算第10話)「乗客」”The Passenger”のあらすじ

ドラゴン退治からの帰り道マンダロリアンは盗賊に襲われるが、これを難なく返り討ちにする。

街に戻ったマンダロリアンは、他の同胞に関する手がかりを知っているという情報提供者と知り合う。それはカエル型種族の女性で、隣の星系の惑星トラスクまで彼女と彼女の卵を運んでくれれば情報料は要らないという。

移動中のレイザークレスト船内では、ザ・チャイルドが乗客の卵を盗み食いしていた。どうやらザ・チャイルドにとってはかなり魅力的な食べ物であるらしい……

途中、レイザークレストは新共和国軍のXウイング2機からの検閲をうける。やり過ごそうとするマンダロリアンだったが、船が監獄船襲撃事件に関わった履歴が知られ、マンダロリアンは逃走する。

近くの氷の惑星に不時着しXウイングをやり過ごしたレイザークレストだったが、地下洞窟に転落し船は故障してしまう。

マンダロリアンが船を修理している間に、乗客の女性は洞窟の奥の温泉で体と卵を休めていたが、そこは巨大グモの巣の中だった。

彼らは巨大グモと無数の子グモに襲われる。レイザークレスト内まで小さい蜘蛛で一杯になり、船体も巨大蜘蛛に押さえつけられてしまう。

絶体絶命の彼らを救ったのは、2機のXウイングのパイロット達だった。

パイロット達は監獄船襲撃の事を知っており、マンダロリアンには逮捕状が出ているという。だが同時にマンダロリアンが3人の極悪犯を捕らえ、乗っていた刑務官を救おうとしていたことも把握していた。

Xウイングのパイロット達はマンダロリアンを見逃し、星を去って行った。

マンダロリアンはレイザークレストを応急修理し、再び目的の星へ進路をとった。しかし船内ではザ・チャイルドがまた一つ卵を盗み食いしていたのだった……

情報を整理してみる

  • カエル型種族の女性は、卵の受精のため夫が待つ星へ行こうとしていた。ハイパージャンプを使うと卵が死んでしまうため亜高速での移動が必要だった
  • 彼女にとってはこれが生むことの出来る最後の卵だという(というのにパクパクと食べてしまう手癖の悪い子供が1人……)

今回の感想

Xウイングの追撃戦といったアクションの見所もありますが、ザ・チャイルドの食い意地の前では全てが霞んでしまいました(苦笑)

卵の数が減って不安がっている奥さん可哀想……

ドラゴン肉の丸焼きを見つめる時点で物凄く食欲に突き動かされている表情でしたが、卵を目にしてからの執拗な盗み食いには呆れ果てます(苦笑)

蜘蛛の幼虫まで食べてましたし、一体どうしたんだというくらいの食欲旺盛っぷりです。これまで骨のスープを飲むくらいだったのにねぇ。

この食欲ネタは繰り返しギャグとして大変面白くはあったのですが、急に食欲が増したというのは何か今後の伏線にでもなるのでしょうか???







-海外ドラマ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル