壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

ニュースやTVの話題から 食べ物の話題

所さん!大変ですよ、で紹介していた、色々な缶詰の製品名を調べてみました

投稿日:2019年6月27日 更新日:

技術革新で美味しくなった缶詰

NHK「所さん!大変ですよ」(2019年6月27日放送分)では「ひとつ1万円!?激アツ缶詰☆最前線」とのタイトルで、最近の缶詰事情について紹介していました。

紹介はしていましたが例によってNHKなので商品名は伏せられています。毎度のことですね(苦笑)

これをちょっと調べてみましょう。

かんづめいろいろ

1.アフリカで人気の「GEISHA」

最初に紹介されていたのは海外で発売されている「サバのトマト煮」の缶詰でしたが、こちらは残念ながら日本では販売されていません。入手したければ個人輸入するか、輸入販売している小売店を探すしかないようです。

一応販売元の川商フーズ株式会社さんからは日本国内向けの「ゲイシャ」ブランドのサバ缶も販売されていますが、こちらはトマト煮ではなく普通の水煮だそうです。

2.予約できない料亭の缶詰

次に紹介されていたのは「山の宝」というブランド名で販売されている「アマゴの燻製アヒージョ」「アマゴの酒香漬」の缶詰。こちらは岡山県真庭市美柑(ミカモ)村の「しげや旅館」のご主人が開発者だそうです。廃校になった学校の校舎を工場にして地元の産業に少しでも貢献できないかと始めた事業なのだそうです。

通販サイト(こちら)で購入できますが、番組では「もうすぐ全国販売」というようなことを言っておりましたので、近々入手しやすくなるのかもしれません。

3.缶詰ラボで作られた缶詰

次に紹介されていたのは京都にあるという缶詰のラボ(研究室)の株式会社カンブライトさん。依頼を受けて多種多様な缶詰を小ロットで開発してくれるという会社です(公式ホームページ → こちら

ちなみにこちらの缶詰ラボのオンラインショップ(こちら)が2番目に紹介された「山の宝」の通販も扱っていますので、おそらく「山の宝」の開発にも協力しているのではないかと思われます。

番組で紹介されていた「1万円の松葉ガニ缶詰」や「牡蠣みそ缶詰」も上記のオンラインショップで購入可能です。

4.スタジオで食べていた缶詰2種類

スタジオでは3種類の缶詰を食べていたようですが、番組で流れたのはそのうち2種類についてのみでした。「釜揚げしらすの缶詰」と「からあげの缶詰」でしたが、これらは大量生産品のため比較的入手は容易かと思われます(ちなみに紹介されなかった最後の1種類は、缶の形状からノザキのコンビーフではないかと思われます)

created by Rinker
ホテイ
¥1,182 (2019/11/23 04:59:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
山梨罐詰
¥1,500 (2019/11/22 15:04:10時点 Amazon調べ-詳細)

※番組放送直後、「釜揚げしらすの缶詰」はアマゾンでは正規品が品切れになりマーケットプレイス商品だけになってしまいました。テレビの影響って凄いですねぇ(本来は6缶で2500円程度の商品です。しばらくすれば価格は戻りますので、高額な転売商品は無闇に購入しないようにしましょう)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-ニュースやTVの話題から, 食べ物の話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル