壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

ニュースやTVの話題から 健康のために出来る事

「ガッテン」紹介のハミガキ法は、簡単だけどちょっと難しい……?

投稿日:2019年5月8日 更新日:

スウェーデン式の歯磨き法…?

NHK「ガッテン」(2019年5月8日放送分)では「虫歯リスクが激減!?発見!新歯磨き法」とのタイトルで、スウェーデン式の歯磨き法と虫歯予防のポイントを紹介していました。(公式ホームページ → こちら

私は歯医者さんに歯磨きのコツを色々教わって以前から実践しているのですが、今回紹介していた歯磨き法は初めて聞きました(私の歯磨き法についての記事はこちらです)

昔行ってた歯医者さんはこのやり方は教えてくれなかったなぁ。

番組で紹介されていたやり方はイエテボリテクニックと言うそうで、フッ素濃度の高い歯磨きペーストをたっぷり使って磨いて、口をゆすがないのだそうです。

私も歯医者さんの勧めでフッ素を多めに配合した歯磨きペーストを使っていますので、フッ素が有効だということは以前から存じております。

created by Rinker
ライオン歯科材
¥517 (2019/11/21 02:48:05時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにアイルランドでは水道水にフッ素を添加することが法律で決まっているそうですし、アメリカ合衆国でも上水道にフッ素が添加されていて、虫歯予防に大いに役立っているそうです。

日本もやれば良いのに、とは思いますが健康上の理由や環境への影響などの観点から、賛成派と反対派が長年議論を続けており結論は出ていない状態だそうです。こういう議論って日本の場合両方に配慮して進むんで、まず間違いなく結論出ないですよね。だったら自分でフッ素多めの歯磨き粉選んじゃった方が良いというものです。

歯磨きのあとにうがいをしないということ

やっぱりちょっと抵抗はありますが、歯磨き後にうがいしない方が、そりゃあ効き目は増すでしょうねぇ。

愛用の歯磨きペーストの使い方を見ると「少量の水ですすげます」との記載があったりしますので、その方が効果が高いのだろうということは薄々理解しておりました。

でも完全にゆすがないのはちょっと抵抗ありますねぇ。うがいせずに済ませて寝たら、朝には口の中ガビガビになってそう。まあ試してみるのが一番てっとり早いので早速今夜からやってみようとは思いますが。

(追記)
実際にやってみたら思っていたほどの違和感はありませんでした。歯を磨いてスッキリ爽快という感じはなくなってしまいましたが、べつに不快ということもありませんし、2~3回やれば慣れてこれが普通になってしまうのではないかと。

定期的な検診は…やっぱり嫌だなぁ

番組では歯の健康を守るために定期的に検診(プロのケア)を受けることも勧めていましたが、これもやはり抵抗ありますね。

歯医者に行くということ自体に精神的抵抗がありますが、実際に行くと「じゃあ歯石取りましょうね~」と言われて必ず歯石取りが始まります。

アレはいつも痛い上に口中血まみれにされて本当に嫌!!!

「痛かったら言って下さいね-」って、どうやって言うんじゃ(言ったって止めてはくれないしね)

その辺のこともあって、歯医者さんに不信感を持っている人は多いんじゃないでしょうか。下手な歯医者さんに当たってしまったときの絶望感は半端ないです。

少しでも効果が期待出来て治療に通うリスクを減らせるなら、うがいをしない歯磨き法だけでも、試してみる価値はありそうだと思います…

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-ニュースやTVの話題から, 健康のために出来る事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル