壊れた大人のマインドノート

プラモとスタトレがメインの趣味雑記ブログ。映画やアニメも沢山見るよ。あと自転車とか料理とか

海外ドラマ

【F&WS】第1話「新たなる世界秩序」 あらすじと情報整理と感想※ネタバレあり【ファルコン&ウインター・ソルジャー】

投稿日:2021年3月19日 更新日:

(以下、ネタバレ全開です)

第1話「新たなる世界秩序」のあらすじ

エンドゲームの戦いから数ヶ月・・・・・・

犯罪組織LAFにハイジャックされた輸送機を追ってチュニジアへ入ったサムは、激しい空中戦の末さらわれたヴァッサン大尉を救い出し無事任務を完了する。

サムはキャップから託された盾を、ワシントンの記念館に寄贈する。だがローディ(ウォーマシン)はサムが継ぐべきだったと考えていた。

一方、恩赦を受けて民間人として暮らしているバッキー(ウインターソルジャー)は、密かに旧ヒドラメンバーを刈る償いの活動をしていた。

しかし90年間戦いしか知らなかったバッキーには、今の平和な時間は居心地の悪いものだった。

米軍のトレス中尉は捜査中にフラッグ・スマッシャーのリーダーに遭遇するが、その男は極めて強く、トレス中尉はあっという間にやられてしまう。

そんな中、ニュースでは新しいキャプテン・アメリカの誕生が報道されていた。その腕にはスティーブから託されたあの盾が・・・・・・

情報を整理してみる

  • サム(ファルコン)はここ半年米軍と組んで仕事をしており、米軍のトレス中尉が相棒です
  • ハイジャックを行っていた犯人たちのリーダーはバトロックでした。「キャプテン・アメリカ:ウインター・ソルジャー」ではシージャックされたシールドの船の上でキャプテンと戦い敗れました
  • 世界ではフラッグ・スマッシャーズという集団が国境のない統一世界を目指して暗躍しています。彼らは指パッチンで半分の人間が消えていた頃の世界の方が良かったと考えています
  • バッキーの恩赦における3つのルール
    法律に触れないこと、血を流さないこと、過去と決別すること
  • アトウッド議員は長年ヒドラの手先でしたが、バッキーの工作により逮捕されます
  • 中島さんはバッキーのご近所さんで友達の老人。彼は息子を亡くしたというのですが事件の詳細がわからず苦しんでいました。しかしどうやら息子さんを殺したのはバッキーのようで・・・・・・
  • サムは経済的に苦境に陥っていた姉を助けるためアベンジャーズの名前を利用しようとするが上手くいきません
  • 新しいキャプテン・アメリカは、U.S.エージェント?

今回の感想

ワンダヴィジョンとは打って変わって、今作の開幕は正統派アクションムービーでした。その後もエンドゲーム後の紛争や犯罪、世界の様子を淡々と描いており、極めて順当なアベンジャーズの続編と言えそうです。

いや、映画「キャプテン・アメリカ」シリーズの続編というべきなんでしょうね。

サムはキャップから託された盾を継がなかったんですね。これは多分最終回近くで決意を固めて盾を持つパターンだろうと予想。ベタですがとても楽しみです。

エンドゲームで勝利をつかんだとはいえ、世の中はあまり良くなってはいないようです。というか経済的にはかなり悪そうです。

まあ消えたはずの世界人口の半分が再び現れたりしたら、いきなり倍もの食い扶持が必要になるわけですからねぇ。5年もいなかったんですから食料生産もそれにあわせて減ってたでしょうし。そういう面ではサノスの目指していたものにも意義があったわけで・・・・・・

バトロックは以前の出番ではシージャックやってましたが、今回はハイジャックです。つくづく似たような役回りです(苦笑)

フラッグ・スマッシャーズのリーダーは仮面で顔がわかりませんでしたが、蹴り技の凄さを見る限りはかなりの強敵といった感じ。

一方で、最後に登場した「政府公認」のキャプテン・アメリカの方は・・・・・・キャプテンのパチ物感が凄かったですなぁ(苦笑)







-海外ドラマ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル