壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

経済一般

【確定申告】簡単になったe-taxを利用その3【サラリーマン投資家向け入力手順覚え書き】

投稿日:2019年1月25日 更新日:

国税庁の書等作成コーナーがとっても便利!

書類が集まったので早速入力していきます。私程度の書類分量なら内容が簡単なので、1時間もかからずに入力できてしまいます(医療費控除だけは事前にエクセルに入力しておきましたが・・・)

入力は国税庁の確定申告書類作成コーナーで行います

(国税庁 平成30年分確定申告トップページ → こちら

毎年使っていますが、年々入力しやすくなっていて、今年は特にふるさと納税の入力はかなり楽でした。昨年より目標の自治体名が探しやすかったです。

早速入力していきます

(自分用の覚え書きも兼ねて書いていますので冗長なのはご勘弁を)

  • 作成する申告書等の選択(平成30年分の申告書等の作成 → 所得税 → 左記以外の所得のある方、の順で進む)
  • 生年月日等入力の後、申告書の様式をイメージした入力画面で作成するにチェックを入れて進む(私はこの方が完成状態をイメージしやすいのでチェック入れてます)

  1. 源泉徴収票の内容を「給与」から入力します。
  2. 特定口座の取引内容は「上場株式等の譲渡所得等」から、先物の取引内容は「先物取引に係る雑所得等」から入力します。この2つは別扱いなんですよね・・・損益を通算できるといいんだけどなぁ・・・
  3. 医療費を「医療費控除」から入力します。ただし私は事前に「医療費集計フォーム」というエクセルファイルにて明細書を作成していますので、これを読み込むだけの簡単入力です(医療費集計フォームはこちらからダウンロードできます)
  4. 最後にふるさと納税の入力です。ここはちょっと迷いやすいところですが、ふるさと納税はあくまで「寄付」なので「寄付金控除」から入力していきます。初めてふるさと納税の申告をしたときはこれが分からなくてしばらく悩みましたよ。一度ここから進んでしまえば、あとは選択しやすいようになってますね。1件1件入力しなければなりませんが大した手間ではありません。
  5. 入力が終わると、納める税金の額が表示されます。還付される金額の方が多い場合は還付金額が表示されますが、今回は納税の方が多くなりました・・・微々たる物ですが(先物と通算できれば還付になるのに・・・)
  6. 入力が終わって次のページに進むと、住民税の徴収方法を選択できます。株式取引の損益を会社に知られたくない人は忘れずにここを「自分で納付」にしておきましょう・・・
  7. 私は銀行からの引き落とし納税の手続きをしてありますので、納税方法の選択は必要なし。その後氏名や住所の入力、マイナンバーの入力もあります。全部終わると確認画面になりますので、ここで帳票の控えとしてPDF保存しておくのを忘れずに。入力データの方も合わせて保存しておきましょう・・・
  8. 送信による申告がいつから可能かというのは少々分かりにくいところですが、通常の確定申告は2019年2月18日(月)〜3月15日(金)サラリーマンの還付申告は1月から先行して可能、との事です。
    今回私は還付と株式譲渡益で納税額の方が若干上回りましたので還付だけというわけではないのですが・・・

    普通に送信できちゃいました。よかったのかしら???、e-tax初めてなので良く分かりませんが、受付は問題なく終了していましたのでたぶん大丈夫でしょう。何か問題があれば連絡来るでしょうし。

というわけで

e-tax思ったより楽ですね。あっという間に終わってしまいました(入力所要時間は1時間弱)

関連書類も添付しなくていいので全部手元に残ります(そのかわり5年間は保管しなければなりませんが)

印刷して郵送や持参する手間もなくなりましたので、最初のハードル(パスワード発行かマイナンバーカード環境の構築)さえ乗り越えてしまえば、こっちの方が絶対に便利ですね。今回からはパスワードで申告できるようになってハードルもだいぶ下がりました。

こういう利便性向上はもっと積極的にやってほしいところです。

created by Rinker
サンワサプライ
¥2,650 (2019/11/18 07:57:37時点 Amazon調べ-詳細)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-経済一般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル