壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

アキバ系の話題

知る人ぞ知るwebコミック「ぶんぶくたぬき」森長あやみ先生のサイン会に行ってきた

投稿日:

ぶんぶくティーポット+ 第一巻発売記念

ややマイナーな漫画なのですが、私が大好きなウェブコミック「ぶんぶくティーポット+」の第一巻発売記念で作者の森長あやみ先生のサイン会が行われたので、私も行ってきました。

会場は中野サンプラザ13階、株式会社まんだらけ主催のイベント「大まん祭」3日目での開催です。

第1巻とは言いますが、今回の本は実質的には第6巻にあたります。

1巻~5巻は中学生編の「ぶんぶくたぬきのティーパーティ」、今回の「ぶんぶくティーポット+」からは高校生編になっています。

このシリーズはkindle版もあり、Kindle Unlimitedにも登録されていますので手軽に読めるのですが、まんだらけの通販から購入する方が特典が付いたりしますのでオススメです。

ウェブ上での作品公開も全話ではありませんが続いていますので、未見の方はこちらでお試しに読んでみるのがよろしいかと思います。

  • 「ぶんぶくたぬきのティーパーティ」 → こちら
  • 「ぶんぶくティーポット+」 → こちら

作者の森長あやみさんは作画担当のayami先生と、お話担当のdynee先生の2人組の漫画家さんで、このぶんぶくシリーズの他には「まんがライフオリジナル」誌にて「みっちゃんとアルバート」という4コマ漫画も連載していらっしゃいます。お二人は高校時代の同級生なのだそうです。

このお二人最近結婚されたということなのですが(おめでとうございます!)旦那様のdynee先生の家はお寺で、本業はお坊さんとのことです。今の時代、お寺というのも色々大変そうですね。

ただ作品的にはdynee先生の宗教知識や宗教感がオタク知識と結びついて大変シュールなギャグに発展するという効果をもたらしていて、この独自な雰囲気が私は大好きなのです。以前には趣味が高じてメインキャラである「お兄ちゃん」のミニチュアを作ってしまったこともあったりします(その際のブログは→こちら

猫殿を描いてもらったよ

というわけで、サイン会では猫殿を描いてもらいました。

お兄ちゃんも大好きなんですが、お兄ちゃんは2巻のサイン本の時に描いて頂いているので今回は作品内でも上位のチートキャラ「猫殿」をオネガイしました(最上位はやっぱりお母さんかな・・・)次の機会があったらカワウソ先生をオネガイしよう…カワウソ先生の天邪鬼なところも大好きなのです。

おみやげでこんなおやつを頂きました。食べてしまうのが勿体ないなぁ。

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-アキバ系の話題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル