壊れた大人のマインドノート

趣味の話題や、日常の中で興味の沸いた事柄について、広く浅く掘り下げていきます

アキバ系の話題

カウボーイビバップの実写TVシリーズが今度こそNetflixで動き出すようです

投稿日:2018年11月28日 更新日:

今度こそ本当?

サンライズ制作のアニメ「カウボーイ・ビバップ」

私も大好きですし、1998年の放送当時に発売されたDVDは全巻そろえましたよ。

でもあのアニメ最初は放送するテレビ局もなかなか決まらず、やっとテレビ東京で放送されたときは制作は全部終わっているのに半分しか放送されなかったんですよねぇ。内容が渋すぎてサンライズの方々は売れると思っていなかったとか。

やっと全話見られたのは、しばらくしてWOWOWで放送されてから、という不遇な作品だったんですよ。

でも元々クオリティの高いアニメでしたので、じわじわと人気も高まって劇場版まで作られ、国内はもとより海外での人気が大変高いというヒット作になりました。

アニメでありながらキャラクターの人種の違いまでしっかり絵で表現されたものはそうそうありませんでしたので、そのあたりも海外で受け入れやすかったのかもしれませんね。

BGMにジャズをメインに使ったのはレコード会社からの評判が相当悪かったと聞きますが、これも海外での評価に一役買ったのかもしれません。菅野よう子さんのサウンドは大変素晴らしかったです(サントラは勿論買いました)

そういえばこの頃のサンライズアニメは「ビッグオー」とか、海外人気の高い物が出始めた時期でもありますね。

(閑話休題)

で、実写化の話

最初に実写映画化の話が出たのは2009年、キアヌ・リーブス氏主演での映画化企画でしたが、資金不足との話を聞いた以後は全く音沙汰無しでした。

それが昨年の2017年、テレビシリーズで企画が動いているとの報道がありました。制作はTomorrow Studiosというアメリカの制作会社。

まあどうせまた立ち消えるのだろうと思っていたところ、昨日(2018年11月27日)Netflixの制作で全10話のテレビシリーズを配信するとのニュースがありました。Netflixですよ!!

報道内容を見たところ、先述のTomorrow StudiosもNetflixとの共同制作として名前を連ねています。資金量が豊富でオリジナルのドラマシリーズやアニメシリーズを多数制作しているNetflixの名前が挙がったという事は、今度こそは本当に実現しそうな気がします。

アニメシリーズで監督を務めた渡辺信一郎氏もNetflixのコンサルタントとして参加するそうですし、第一話の脚本家には「ソー・ダークワールド」の脚本を務めたクリストファー・ヨスト氏の名前が挙がっていますね。どうやらだいぶ話は進んでいるようです。

まだ報道以上の事は分かりませんが、Netflixというのが心強いです。ただ作品の出来自体についてはまだなんとも言えませんし、続報を待つ事にしましょう。

それにしても最近のNetflixは攻めますね。2019年からの「エヴァンゲリオン」の全世界独占配信も決まってますし、日本のアニメコンテンツに相当力を注いできているようです。

created by Rinker
¥550 (2019/11/23 05:18:08時点 Amazon調べ-詳細)

記事下用アドセンス広告




記事下用アドセンス広告




-アキバ系の話題
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





ブログ運営者:raccoon81920@raccoon81920
千葉の隅っこに暮らす普通の会社員
専門は建築
小学生時にガンダム直撃のオッサン世代
プラモデル作りは精神を落ち着ける大事な時間
映画・アニメもいっぱい見るいわゆるオタク第2世代
ロードレーサー歴10年以上だが
Mt.富士ではなかなかシルバーをとれないレベル